イナダとハマチ

いつもご来店頂いているお客様が釣りに行って大漁だったからと、
釣りたて新鮮なお魚のお裾分けを頂きました
美味しそうなイナダとアジです
ありがとうございます。


画像


画像



アジはごくごく一般的に食べれらているお魚だから分かるかと思いますが、
イナダというお魚は成長過程での呼び方です。
ブリは出世魚なので、その成長過程によって呼び方が違います。


ちなみに、、、

出世魚とは稚魚から成魚までの成長段階において異なる名称を持つ魚のことで、
江戸時代までは武士や学者には元服や出世などに際し改名する慣習があったため、
その慣習になぞらえて、成長に伴って出世するように名称が変わる魚を出世魚と呼びます。
出世するにちなんで縁起が良い魚とされて、
門出を祝う席など祝宴の料理に好んで使われていました。

出世魚の代表格にはブリやスズキ、ボラなどがあります。

ブリは30cm前後はワカシ、40~60cmのものをイナダ、60~80cmをワラサ、
そして90cm以上になってはじめてブリと呼ばれるようになるのだそうです。



そして
その成長の過程での呼び方は地方によって全く違うのです

ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリというのは関東地方の呼び方で、
関西地方ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと呼ぶそうです。

他にも、
東北地方ではツべ→イナダ→アオ→ブリ、
北陸地方ではツバエリ→コズクラ→フクラギ→アオブリ→ハナジロ→ブリ、
山陰地方ではショウジゴ→ワカナ→メジロ→ハマチ→ブリ、
四国・山口県・広島県ではヤズ→ハマチ→ブリ、
九州地方ではワカナゴ→ヤズ→ハマチ→メジロ→ブリ→オオウオ、
などと呼び方が変わるのだそうです。

寒ブリで有名な富山県ではツバイソ→コズクラ→フクラギ→ガンド→ブリ、
と呼ぶそうです。

さすが全国でも有数の産地だけあって、
県独自の呼び方があるんですねぇ。


お寿司屋さんで一般的なハマチという呼び方は、
もともとは関西以西での呼び方だったんですねぇ (。 ・ω・))フムフム

ブリの養殖が瀬戸内海で盛んだったから、
ハマチっていう呼び方になったんでしょうけれども。。。

ですが最近では、大きさに関わらずに、
養殖ものをハマチ、天然ものをブリと呼んで区別されたりもしているそうです


いずれにしても、、、

今夜は新鮮で美味しいお魚を置かずに頂けたので、
とても良かったです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック