正しい洗顔方法

先日は「洗顔の目的は清潔で健康的なお肌を保つためです」というお話をしましたが、
毎日の洗顔は、洗顔のやり方を変えただけでお肌の状態が良くなるというくらい、 
スキンケアの基本であり、重要なことであります

洗顔を怠ったり、正しく洗顔が出来ていなかったり、
逆に洗顔を行い過ぎてしまったりすると、
お肌のターンオーバーの周期が乱れてしまい、
お肌のトラブルへとつながります

肌トラブルのない健康的で若々しいお肌を保つためには、
スキンケアの基本となる洗顔から見直し、正しい洗顔を行うことです



そこで
今回は正しい洗顔方法についてお話します


まずは、洗顔の準備ですが、
髪の毛や袖が邪魔にならないようにしましょう!

そして、洗顔する手が汚れていては意味がないので、
しっかりと手を洗いましょう!


最初は汚れを落としやすくするために、ぬるま湯で軽く素洗いしましょう!

ぬるま湯とは約30~35℃くらい、体温より低めの温度がおすすめです。
触った時に少し冷たいかも?と思うくらいの温度を心がけましょう!

素洗い前に事前に蒸しタオルなどを顔にあてて毛穴を開かせて、
毛穴の奥の皮脂や汚れを出やすくしておくと、さらに効果的です。


洗顔料は手のひらでしっかり泡立てましょう!
ネットや洗顔ブラシを使うのも良いでしょう!


洗顔の泡は密度の濃いきめ細かい泡を作ることがポイントです。
水(ぬるま湯)を少しずつ足していくことと、
大きな気泡をつぶすように泡立てるようにすることで、
モコモコできめの細かい泡を作ることが出来るようになります。

また、洗浄力の強過ぎる洗顔石鹸、洗顔フォームは避けましょう!
保湿効果があり、お肌に優しい物を選びましょう!



いよいよ洗顔の実戦ですが、、、

まずは皮脂量の多い額や鼻の周りのTゾーンから泡を乗せ、
優しくなでるように馴染ませていきましょう!

次に、顎から頬のUゾーンへ円を描くようにマッサージしながら、
優しく指を滑らせて泡を乗せていきましょう!

皮膚の薄い目元や口元は最後に、
目や口に泡が入らないように慎重に、優しく泡を馴染ませていきましょう!


お顔全体を包み込むように泡を乗せたら、
泡をお肌の上でやさしく転がすようにして、
泡を乗せた順番通りにTゾーンから、
優しく優しくマッサージする感じで洗っていましょう!


汚れを落とそうとゴシゴシと強い力でこすることは絶対にやめて下さい。
泡の力で汚れを落とすという意識で洗っていきましょう!

また、念入りに洗顔をしようとして、 
あまりにも長時間洗顔をし続けてしまうのも、
お肌に負担をかけて逆効果となるので気を付けましょう!


洗顔が終わったら、すすぎ残しはお肌のトラブルの原因にもなりますので、
ぬるま湯で泡が残らないように素早く洗い流しましょう!

この時にもお肌をこすらないように、
水をバシャバシャかける感じですすぎましょう!


ぬるぬる感がなくなり、お肌にキュッキュッという感覚があればOKです。


すすぎ終わったら、やわらかく清潔なタオルで顔を包み込むように軽く押さえて、
タオルで水分を吸収する感じで拭いていきましょう!

この時も、ゴシゴシとこするようにするのは絶対にやめましょう!



洗顔後のお肌は大変デリケートですから、
化粧水をつけて水分を補給を行いますが、
そのお話はまた次回以降にいたしますね。


お肌はする刺激にはとても敏感で弱いのです。
 
間違った洗顔方法で毎日肌をこすって痛め続けていると、 
逆に肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。 

健康的で若々しいお肌を保つためには、
できるだけお肌に負担をかけずに、
やさしく丁寧にお肌を洗っていきましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック