熱中症になってしまったら

前回の「熱中症の症状」の記事の中でも、
症状別の対策法についても少しお話をしましたが、
今回はその補足をいたします


熱中症は命に関わることもあるので、
症状に応じて素早く適切な処置を行うことが大切です

熱中症の症状が見られたら、
涼しい場所で安静にして、水分・塩分補給をすることが大原則です



まず風通しのよい日陰やエアコンが効いている室内などに避難させましょう。


次に衣服のベルトや首元をゆるめたり、衣服を脱がせたりして、
体から熱が逃げるようにしましょう。


露出させた皮膚に冷水をかたり、
うちわや扇風機などで扇いで体を冷やしましょう。


氷や氷嚢などがあれば、
それを首すじ、 脇の下、 大腿の付け根など皮膚のすぐ下を太い血管が走っている部分に当てて、
流れている血液を冷やすことで、からだの熱を下げましょう。


特に重症者の場合には、
どれだけ早く体温を下げることができるかが非常に重要になってきます。


意識がはっきりしているなら、水分補給をさせましょう。

その際には、水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクや経口補水液などが最適です。

ただし、吐き気があったり吐くという症状がある時や、意識がない時には、
誤って水分が気道に入り込んでしまう可能性があるため、
無理に飲ませることは避けましょう。


意識がはっきりしていない場合や、
自分で水分や塩分の摂取ができない場合、
涼しい所で休んで水分補給などの対処をしても症状が良くならない場合は、
すぐに救急車を要請するか、急いで医療機関に連れて行きましょう。



救急車を待っている間にも、
現場での応急処置が重要になりますので、
熱中症についての正しい知識を身に付けておきましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント