寺尾台廃堂跡

10日ほど前に、
小沢城跡枡形城跡を探索して、その時当ブログで、
「まだまだ訪れたことがない歴史的スポットもたくさんありそうなので、
 機会があったらまた探索してみたいと思います。」
と言いました。
そこで、先日朝のランニングコースを寄り道して、
寺尾台にある「寺尾台廃堂跡」を見てきました。


もちろん今朝は雨でランニングが出来なかったので、
もう3日ほど前のお話ですが。。。

画像



多摩区の寺尾台団地内にある寺尾台第2公園の中に、
八角形をした石積の記念物が復元されています。
これは、この団地造成にさきがけて実施された、
菅寺尾台廃堂跡の発掘調査の成果をもとに復元した建物の基礎部(基壇)だそうです。



団地造成にさきがけて再度詳細な調査が行われ、その調査の結果、
建物の基壇は直径7m強をはかる八角形をしていたため、
その上に建てられた建物も八角形をしていたものと推測されています。

そのため寺尾台八角堂跡とも呼ばれているそうです (。 ・д・)-д-)ふむふむ

画像



石碑には、
「この遺跡は平安時代初期に建てられた東日本では数少ない
 八角形の仏堂の跡であることがわかりました。
 それは、この場所より13.5mも高い山林中にありましたが、
 団地造成によって建立当時の位置に保存することができなくなりましたので、
 ここに基壇を復元し、永く保存いたします。」
と書かれています。

画像



この様に、従来はこの瓦の文様から、
平安時代初期に建立されたものと考えられてきました。

しかし、近年、東京都稲城市の大丸瓦窯跡から、
この廃堂跡の瓦を焼いた窯が発掘され、その成果から、
従来の説を半世紀ほど遡らせ、
奈良時代(8世紀中葉)に建てられたという説もあるのだそうです


寺尾台はわたくしが中野島中学校に通っていた当時は、
中野島中学校の学区域だったので、
寺尾台団地にも同級生が多く住んでいて、
何回も遊びに行っていた場所だったのに、
こんな歴史的な遺跡があったなんて全然知りませんでした。


中野島にもう50年近く住んでいるのに、まだまだ知らないことだらけなんですねぇ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント