くせ毛の種類

前回はトギノンの「くせ毛対処法」セミナーに行ったというお話をしました。
髪の毛がまとまらない。
髪の毛のうねりや絡まり。
パサパサして手触りが悪い。
髪の毛にツヤがない。
など、くせ毛に悩む方は多いかと思います
そこで
今回からはわたしたちを悩ませるくせ毛についてお勉強して
対処できるようにしていきたいと思います
 ハイ(^O^)/


くせ毛と一口に言っても、実は色々な種類があり、
その対処法も様々なのです。


まず、髪の毛は直毛とくせ毛に大別されます


直毛はアジア人に最も多いと言われる硬く、太く、真っ直ぐな髪の毛のことです。
毛根の形もまっすぐで、生えている髪の毛の断面もきれいな丸い形をしています。



くせ毛は髪の毛の形状によって4種類に大別されています


波状毛
・・・日本人に最も多いくせ毛で、波打つように柔らかくうねるタイプのくせ毛です。
   大きなウェーブや小さなウェーブなど様々なパターンがあり、
   頭の部位によってもくせの度合いが違ってきます。
   湿度が高くなると髪の毛が膨らんでしまい、まとまりがつかなくなるケースが多いですが、
   くせ毛の中では比較的扱いやすく、縮毛矯正やストレートパーマで改善することができます。


縮毛
・・・黒色人種に多く見られる、細かくチリチリに縮れた最も強いタイプのくせ毛ですが、
   髪の毛が太くてかたいので、縮毛矯正でストレートヘアに改善することが可能です。


捻転毛
・・・髪の毛がところどころでコイル状にねじれていて、太さに均一感がないタイプのくせ毛です。
   ねじれがあることでツヤのないパサついて見えたり、少しザラついた手触りがしたりします。
   捻転毛は髪の毛の太さが均一でなくねじれている部分が折れやすく、
   切れ毛になりやすいため縮毛矯正で改善することが出来ません。


連球毛
・・・髪の毛の内部が一定間隔で太くなったり細くなったり数珠状になっているくせ毛のことです。
   見た目はストレートのようですが、手触りがゴワゴワしてクシ通りや指通りが悪いです。
   髪の毛の細い部分に薬剤の負担が大きく切れやすいため、
   縮毛矯正で改善することが出来ません。



以上のように、くせ毛にも様々な種類があるということがお分かり頂けたかと思います。

ただし、直毛の人にも波状毛の部分があったり、
波状毛の人に縮毛や捻転毛があったり、
直毛かと思ったら連球毛や捻転毛だったり、
一人の頭髪の中でも部分的に違う種類のくせ毛が入り混じったりしているので、
当の本人はもちろんなのでしょうけれども、
われわれ理美容師にとっても、扱いが難しかったりしてしまうんですよねぇ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント