冬の髪の毛の乾燥対策③ ~日常生活に気を付けましょう~

数年に一度の非常に強い寒気に覆われたため、
今日は日本各地では軒並み氷点下の朝になりましたね
 ブルブルブル(((*´д`*)))サムゥ・・
東京では最低気温が氷点下4度と、
なんと48年ぶりの厳しい寒さの朝となったそうです


まだギリギリ48歳手前のわたくしにとっては、
一生のうちで1番寒い朝だってことになるんですねぇ。

ここからそう遠くない府中市では、
観測史上最低となる氷点下8.4度を記録したそうですし、
どうりで朝のランニングの時に、
「寒すぎる
と思ったんですよねぇ。。。

走っていれば身体は温まるけど、逆に指先や足先がかじかんでくるし、
先日の雪が残っている所はガリガリに凍り付いて滑ってしまうし、
「やめておけば良かったかなぁ?」
と、さすがにちょっと後悔してしまいました


寒いと言えば、、、

かな~り間が空いてしまいましたが、、、

寒い冬場には外気温が低下し湿度が急激に下がることにより、
髪の毛に含まれる水分量が低下してしまうため、
髪の毛が乾燥してダメージしやすくなってしまうというお話をしました。


そして、冬の髪の毛の乾燥対策としての毎日のヘアケア方法をお話しました。


髪の毛を乾燥から守るためには、適切な毎日のヘアケアが需要なのは言うまでもありませんが、
それ以外にも、日常生活の中で気をつけられる対策法がありますので、
今回はそれについてお話いたします



冷たく乾燥した外気に触れた髪の毛が乾燥しやすいというのは想像つきやすいかと思いますが、
実はそれだけでなく、室内の暖房によっても髪の毛が乾燥してしまいます

外の湿度が下がるに従って室内の湿度も下がってしまいますが、
暖房を使用することによって余計に室内の湿度が下がってしまいます。

温度調節を上手にしながら、同時に加湿器を使用するなどして、
湿度もしっかりと調整していきましょう!


また、エアコンの風が髪の毛に直接当たるのも、静電気が起きやすくなったり、
髪の表面がゴワついたりパサついたりして乾燥を助長してしまうので、
風向きの角度を変えるなど注意しましょう!


冬は寒さによって体が縮こまり、血管が収縮して血行が悪くなってしまいます
それはもちろん体だけでなく、頭皮の血行も同様です。
頭皮の血行が悪くなると毛母細胞に十分な栄養が行き届きにくくなり、
髪の毛の生育も悪化してしまい、乾燥しやすくなってしまいます

髪の毛に十分な栄養を送るためにも、頭皮の血行を良くすることはとても大切です。
入浴後には両手の指の腹を使い、頭全体を優しくマッサージしましょう!


頭皮の血行を良くすることは、髪の毛の乾燥を防ぐだけでなく、
薄毛や抜け毛対策にもなりますからおすすめですよ

また、入浴はシャワーだけで済まさずに湯船につかるようにしたり、
入浴後に全身をストレッチすることで基礎代謝を上げることも効果的です。


そして
栄養が不足していると、どんなにヘアケアをがんばっても髪の毛の潤いは保てません。
髪の毛も身体の一部ですから、乾燥にも負けない健康な髪の毛を育てるためにも、
食生活が重要です

髪の毛の素となるタンパク質を中心に、
ビタミンやミネラルなど色々な食品をバランスよく食べましょう!


ここで注意して欲しいのが、健康のためと言って毎日の食生活を野菜類中心にしてしまうことです。
油脂分が極端に不足すると、
髪の毛をコーティングするために分泌される皮脂の量も減少してしまいますので、
バランスよく適度な油脂分も摂取するようにしましょう!


そして
もう1つ大切なのが睡眠です。

睡眠不足になると髪の毛が細く弱いものになってしまいます。
乾燥に負けない健康的な髪の毛を育てるためにも、
質の良い規則正しい睡眠をとるように心がけましょう!


以上のように、少しのことでも髪の毛を乾燥から守ることが出来るので、
日々のヘアケアに加えて規則正しい生活習慣を心がけて、
乾燥のダメージに負けないうるおいのあるツヤ髪を手に入れましょう!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック