髪の毛が伸びるのが遅いのは!?

前回は「冬場は夏場よりも髪の毛が伸びるのが遅くなる」というお話をしましたので、
せっかくですから、今回も髪の毛が伸びる速さに関係したお話をしたいと思います

一般的には髪の毛は1日に約0.3mm、1ヶ月に約1cm伸びると言われています

もちろん髪の毛が伸びる速さには生まれつきの個人差があり、
一般的には男性よりも女性の方が髪の毛が伸びるのが速いと言われています。

それは、女性ホルモンであるエストロゲンに髪の毛の成長を促す働きがあるためです。


しかし
髪の毛が伸びる速さは季節だけでなく、
年齢や生活習慣などによっても左右されるのです



前回のお話で、
「冬は寒さで血行が悪くなり、新陳代謝が悪くなってしまうので、
 夏に比べて髪の毛の伸びが遅くなる。」
と言いましたが、
加齢によっても新陳代謝が鈍くなってしまうため、
髪の毛の伸びが遅くなってしまいます。



髪の毛が伸びるのは毛母細胞の働きによるもので、
栄養を補給した毛母細胞が分裂を繰り返すことによって髪の毛が成長していきます。

若い頃には新陳代謝が活発なので、毛母細胞の働きも活性化されますが、
年齢とともに新陳代謝が悪くなってくると、毛母細胞の働きも鈍くなってしまうため、
髪の毛の伸びが遅くなってくるのです


さらに
だんだんと太い元気な髪の毛に成長せずに、
細く弱弱しい髪の毛になってしまいます。

さらにさらに
それが進むと、いわゆる薄毛という状態に陥ってしまうことになるのです


また、偏った食生活や睡眠不足など生活習慣の乱れも、
髪の毛の伸びが遅くなってしまう原因です。



髪の毛が成長するためのタンパク質を作るアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが不足していれば、
当然、髪の毛も健康に育ってくれないため、髪の毛の伸びも遅くなってしまいます


バランスが良い十分な栄養を補給できるように、
規則正しい食生活を心がけるようにしましょう!

そして、睡眠中は栄養補給により全身が修復され、新陳代謝が進む時間なのですが、
その睡眠が不足してしまうと新陳代謝が悪化してしまうため、
当然髪の毛の成長にも影響が出てしまいます


なるべく成長ホルモンが活発になる22時から2時の間に寝ていることを心がけましょう!


そして、タバコや過度の飲酒、ストレス、運動不足なども血液の流れを悪くしてしまい、
髪の毛の成長を遅らせる現因となってしまいます


タバコや過度の飲酒はなるべく控えましょう!
できるだけストレスは溜めこまないようにしましょう!
そして、定期的に適度な運動を行いましょう!


結局、しっかりと髪の毛が伸びるようにするためには、
新陳代謝を活性化させることが大切なので、
一般的に身体の健康にも良いとされることを行うってことが重要なんですね
 ンダンダ(`‐д‐´)マッタクダ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック