富士登山に初挑戦!・・・良い経験になりました

またまた富士登山のお話ですみません
富士山頂に登ったら、もちろん帰りは下ってこなければなりません。
今度は須走口五合目に向かっての下りルート(6.2km)です。



まるで雲海に向かって飛び込んでいくかのような感覚でスタート (o゚Д゚o)ぉ♪

画像



真っ暗で寒かった夜中の登り道と違って、真夏の太陽の強い日差しの中を歩きます

画像


画像



須走ルートの特徴でもある下り道は、
七合目から砂の斜面を豪快に一直線に下る砂走り。


画像



わたくし砂走りをその名の通りに走り下りたので、
ここで役に立つのがゲイターとザックカバーとマスクでした。
靴もザックも砂埃まみれになってしまいました。

画像



もちろん、周りの方々に砂埃がかからない様には配慮していましたよ。

でも、勢いのまま坂道を下りおりる疾走感は爽快だったなぁ。。。


砂払い五合目を過ぎると、

画像



最後は自然な原生林の中を下って、

画像



下りは上りの半分以下の時間で、無事に下山できました

画像



行きは中野島から車に乗せていって頂きましたが、
お客様のご予約の関係上、みんなよりも早く帰宅しなければならなかったので
道の駅すばしりからバスに乗り、
御殿場駅から御殿場線、松田駅下車で小田急新松田に乗換えて戻ってきました


御殿場には車でアウトレットには行ったことありましたが、
御殿場線に乗るのは初めて。
しかも、単線な上、駅のホームではボタンを押してドアを開けるタイプ。

いちおう川崎市民のわたしにとっては、これまた人生初のローカル線に戸惑いながらも、
寝過ごしてしまわないように眠気と一生懸命に戦ってきました。

ぶっちゃけ、富士登山の最中よりも、
電車の中の方が眠いし、お腹が減っていたし、今度は暑いしでツラかったです(苦笑)。


40歳を過ぎてから徹夜で登山、しかも帰宅して仕事という強行スケジュールでしたが、
疲れよりもただただ眠気の方が勝ってしまい、
おかげ様で疲労感も、筋肉痛なども感じなかったほどです。

(その後の大惨事のことなどこの時点では全く考えられなくて、
 本当にそう思っていたのですが。。。)


まぁ、これもお天気が良く、風も無く、混雑も無かったおかげなのでしょうね


何だかんだ色々なこともありましたが、本当に良い経験ができました

仕事のため先に帰って迷惑をかけてしまいましたが、
富士登山にお誘い頂いた地元の方々には、
本当に感謝しています
 感謝♪感激♪(´∀`人)



登山もけっこう楽しかったし、せっかく靴やザックなど購入したのだから、
秋になったら奥多摩辺りの山にトレッキングしに行きたいと思います

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック