と・こ・や・ぐ・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS まだまだ目が離せない!

<<   作成日時 : 2016/11/04 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日11月3日に行われた明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ最終節
勝てば逆転で年間勝ち点首位となる可能性があった、われらが川崎フロンターレ。
ホーム等々力でガンバ大阪と対戦し、長谷川、三好の若手選手の得点で前半2−0で折り返すも、
後半に3失点で2−3の逆転負けを喫してしまい
残念ながら年間勝ち点2位となってしまいました


韓国代表GKチョン・ソンリョン、日本代表小林悠、大島僚太などの主力メンバー数名が、
怪我などで出場できずにベストからはるか遠い布陣だったので、
強豪ガンバ大阪相手に善戦したとも言えなくもないのですが、、、

勝ち点差1で首位に立っていた浦和レッズが横浜F・マリノスと1−1で引き分けたため、
前半のリードを守り切って勝てば、年間勝ち点首位となっていただけに、
本当に、本当にもったいない敗戦でした
 (゚∀゚lll)ガーン


ファーストステージだって勝てば優勝に大きく近づくはずだったアビスパ福岡戦で負けてしまい、
鹿島アントラーズに逆転されて2位となってしまいました


本当に、ここ1番の試合に弱い
っていうか、本当に勝負弱い



思えば、これまで何度も同じ轍を踏んできて未だにノンタイトル。
悲願のタイトル獲得に手が届きそうで届かない、
”シルバーコレクター”という不名誉な称号だけ手に入れてきました

クラブ創立20周年、しかも風間監督最終年となる今シーズンこそは、
何としてもタイトル獲得が至上命題だったのですが。。。


ただし
今シーズンはまだチャンピオンシップが残っています


ファースステージ優勝の鹿島アントラーズも、
セカンドステージ優勝で年間首位の浦和レッズも強敵ですが、
日本代表小林悠、大島僚太は出場することが出来そうですし、
必ず勝利して初タイトルを掴み取って欲しいと思います


そして
年間首位争いとともに注目されていたのがJ2降格争い。


ジュビロ磐田、ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟、名古屋グランパスの4チームが、
最終戦の結果次第で降格となる大一番を迎えていたのですが、、、

結果は、、、

湘南ベルマーレに1−3で敗れた名古屋グランパスが、
サンフレッチェ広島に0−1で敗れたアルビレックス新潟と勝ち点30で並んだものの、
得失点の差で初のJ2降格となってしまいました
 (*・Д・*)エッ

名古屋グランパスは1993年のJリーグ創設時からJ1リーグで戦ってきた“オリジナル10”
元日本代表の小倉隆史を新監督に迎えた今シーズンでしたが、
ファーストステージ第11節からセカンドステージ第9節まで、
クラブ史上ワーストとなるリーグ戦18試合勝利なしを記録するなど低迷し
8月にボスコ・ジュロヴスキー新監督を迎え、
さらに元日本代表田中マルクス闘莉王をチームに復帰させて立て直しを図ったものの、時すでに遅し。

昨年の清水エスパルスに続き、
2年連続での“オリジナル10”の名門チームがJ2降格となってしまいました



ですが、今年年間勝ち点1位の浦和レッズや昨シーズンの年間王者のサンフレッチェ広島も、
かつてチームの歯車が狂ってJ2降格の憂き目にあったこともありながら、
今はJ1リーグの強豪チームとして君臨しているのですから、
名古屋グランパスにはしっかりとチームを立て直してもらって、
1年で必ずJ1に復帰してもらいたいと思います

やっぱり、人気チームの名古屋グランパスがJ1リーグにいないのは寂しいですからねぇ ぅん((゚ω゚ )ぅん


J1リーグは昨日で終わってしまいましたが、
まだまだチャンピオンシップも天皇杯も残っていますし、
J2リーグのJ1昇格争いも佳境に入っています。

そして
11月15日にはロシアW杯アジア最終予選の大一番、サウジアラビア戦が控えています


まだまだサッカーから目が離せませんね (*゚ー゚)*。_。)*゚ー゚)*。_。)ウンウン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだまだ目が離せない! と・こ・や・ぐ・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる