冬は頭皮にとっても過酷な季節です (´Д`)

昨日は小春日和だと言いましたが
11月も半ばを過ぎて、朝晩などはだいぶ冷え込むようになってきましたね (゚ー゚)(。_。)ウンウン
これからどんどん寒くなってくると、血行不良で身体の調子が悪くなったり、
風邪やインフルエンザが蔓延するようになってきますので
体調管理にはくれぐれも注意いたしましょう
また、気温も湿度も低下する冬場は、身体にとってだけでなく、
髪の毛や頭皮にとっても過酷な季節です
冬の育毛ケアをしっかりと身につけて、
寒さに負けない健康な髪の毛を育むようにいたしましょう



日本には春夏秋冬という4つの季節があり、
それぞれの季節によって気候や気温、湿度などが異なり、
頭皮環境にも大きな影響を与えてしまいます

ですから
それぞれの季節に合わせて頭皮や育毛のケア方法を行う必要があるのです


冬は外気温が下がり湿度も低下してしまうため、
頭皮の乾燥や血行不良、新陳代謝の低下、冷えに悩まされる季節です



冬場に空気が乾燥してくると、
皮脂分泌量が少なくなってしまうため頭皮も乾燥しやすくなります。


皮脂というと臭いや毛穴を詰まらせる原因となる悪いイメージもありますが、
頭皮を保護して潤いを保つ役割があるため、
皮脂が少なくなると頭皮の潤いが無くなってしまいます。

特に湿度が60%を下回ると、髪の毛がパサつき始めるだけでなく、
頭皮の水分も奪われてしまうようになってしまいます。

そのため、頭皮のバリア機能が低下してしまい、
刺激に弱くなって過剰な反応を起こしてしまうようになり、
頭皮にカユミや炎症が発生したり、
頭皮のターンオーバーが乱れてフケが大量に発生したりして、
頭皮の環境が悪くなって、それが薄毛や抜け毛の原因となってしまいます



さらに、寒くなると、身体を冷えから守るために、
血管が収縮して血行不良になってしまいます。


頭皮の冷えによる頭皮自体の血行不良はもちろんのこと、
肩や首の血行も悪くなってしまうため、
頭皮へと流れる血行も悪化してしまいます。

血行が悪くなると毛母細胞(毛根)へ必要な栄養が届きにくくなり、
毛母細胞(毛根)の働きが弱くなってしまいます。

そのため新陳代謝が悪くなって髪の毛の成長が滞り、
ヘアサイクルが乱れてしまい、髪の毛が細く弱弱しくなったり、
薄毛や抜け毛の原因となってしまいます



また、気温や湿度以外でも冬場は忘年会やクリスマス、お正月、新年会などのイベントが多く、
食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしがちだったり、
年末年始は仕事や家事なども何かと忙しなったりするため、
睡眠不足やストレス過多になりがちだったりと、
生活習慣のリズムも乱れてしまいやすくなり、
余計に頭皮環境の悪化や薄毛や抜け毛の原因となってしまいます



そこで
冬場は頭皮の乾燥対策と頭皮の血行促進を中心に、
生活習慣の乱れに注意しながら、
頭皮環境を良い状態に保つようにケアすることが重要なのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック