”おネェ”になったチップ (去勢してきました)

我が家の愛猫のチップ
5月生まれでそろそろ生後半年になるということで、
今日去勢手術を行ってきました。


画像


画像



オス猫が性的に成熟するのは9~12ヶ月齢なので、
「国際猫医療協会」(ISFM)では、オス猫の性成熟が始まる前の生後6ヶ月齢以内に
去勢手術を行うことを推奨しているそうなのです


去勢手術には子供を作ることが出来なくなるだけでなく、
精巣を取り除くため、精巣腫瘍を予防することができる。
前立腺肥大などの前立腺疾患の発生率を下げることができる。
性的な欲求不満から来るストレスから開放され、
発情期の叫び声やスプレー行為などの行動を予防できる。
オス猫特有の本能に基づく攻撃性を抑えることができ、
性格が穏やかになる。
猫の本能である放浪癖やマーキングなどの改善が期待できる。
外猫の場合は繁殖行為による病気の感染を予防できる。
そして
ストレスと病気の軽減により結果的に長生きできるなど、
様々なメリットがあるそうです
 (。 ・д・)-д-)ふむふむ


もちろん
(万が一程度の低確率なのだそうですが)手術や麻酔のリスクがある。
エネルギーの消費量が低下するため、太りやすくなる傾向がある。
などのデメリットもありますし、
何よりも
猫の生殖能力を人間の勝手な判断で奪ってしまうことになり、
道徳的な問題点も出てくるかと思います ( ゚д゚) 。_。) ゚д゚) 。_。)ウンウン


しかしながら、猫を繁殖させないつもりならば、
総合的に考えて、去勢や避妊の手術はした方が良いのだそうです


(チップの主治医さんも去勢をすすめてくれましたし。)

特に、望まない繁殖でもらい手のいない可哀相な子猫を増やしてしまうことだけは、
絶対に避けなければならないのでしょうし ンダンダ(`‐д‐´)マッタクダ


我が家のチップは外には出さない家猫として育てているので、
メス猫との繁殖行為はすることはないと思いますが、
やっぱり
発情期のストレスを感じさせるのはかわいそうですし、
何よりも、元気で長生きして欲しいですからね



それに、元気なのはとっても良いことなんだけど、
毎日、毎日、家中で走り回って暴れまくっているチップが、
去勢して人間でいうと”おネェ”になってしまった()ので、
これで少しはおとなしくなってくれると良いんだけどなぁ。。。


だけど、、、

手術の傷跡をなめないように着けてもらったカラーが嫌みたいで、
外そうとして暴れまくっているんだよなぁ。。。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック