帽子を被らないとハゲになる!?

前回の「帽子を被るとハゲになる!?」というお話の最後に、
「頭皮の蒸れによる頭皮ダメージよりもむしろ、
 紫外線による頭皮ダメージの方が髪の毛に悪影響を及ぼすと言われています!」

と言いましたので、
今回は紫外線による頭皮ダメージについてお話しますね


光老化という言葉があるように、紫外線は肌の老化を促進してしまいます

コラーゲンやエラスチンを変質させて肌の弾力を奪い、シワやたるみの原因となります。
また、表皮を肥厚させて肌がゴワゴワしたり、肌が乾燥する原因となります。

それは頭皮にも同じことです

頭皮と肌は1枚でつながった同じ皮膚ですから、肌の老化に紫外線が影響するように、
紫外線を浴びると頭皮の老化も進みます


頭皮の老化が進むということは、
当然、健康で元気な髪の毛が育ちにくくなるということで、
それが抜け毛や薄毛につながっていくということになりますよね

(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン


しかも
人間の1番高い部分にある頭皮は、最も紫外線の影響を受けやすい場所です。
頭は顔の2倍もの紫外線を浴びているとの研究結果も出ているほど、
頭皮は沢山の紫外線を浴びているのです


さらに長い時間紫外線に当たったり、時間は短くても強い紫外線に当たると、
頭皮が日焼けして炎症を起こすことがあります。

それは、痒みや痛みとして感じることもありますが、
特に感じなくても頭皮が軽いやけどを起こしたような状態となり、
毛母細胞にも悪影響を与えてしまい、
ヘアサイクルが乱れ、抜け毛を増やしてしまいます

また、頭皮はやけどを守るために皮脂を過剰に分泌します。
この過剰に分泌された皮脂は紫外線によって酸化してしまい、
頑固な過酸化脂質となって毛穴に詰まりやすくなり、
フケやカユミを引き起こし、頭皮環境が悪化して、
薄毛や抜け毛の原因となってしまいます

その上、髪の毛は紫外線に当たると、タンパク質が分解されキューティクルが壊れて、
乾燥しやすくなりパサパサになってしまい、枝毛や切れ毛になったりします。

傷んでしまった髪の毛は細くなってしまい、
さらには薄毛の原因にもなってしまいます

以上のような理由から、
紫外線の様々な影響から頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼすことが分かると思います

(゚ω゚;)(-ω-;)(゚ω゚;)(-ω-;)ウンウン・・・


もともと頭皮は髪の毛で守られているとはいえ、
顔や体の肌と同じ構造をしているので、
顔や体と同じ様に、頭皮も夏の強い紫外線から守る必要があるのです。

夏場に長い時間屋外に出る時や、
紫外線が強い時間帯に外出する時には、
帽子を被っている方が、帽子を被らないよりも良いのです。



例え帽子を被って頭皮が蒸れて汗をかいたとしても、
汗を拭いたり、シャンプーで流してしまえば、
頭皮にはそれほど悪影響を及ぼしませんが、
強い紫外線で頭皮がやけどを負ってしまったら、
それこそ簡単には治すことが出来ませんので、
大きな影響を及ぼしてしまいます


ですから
極端な言い方かもしれませんが、、、

「帽子を被らないとハゲになる!」
と言えなくもない位、強い紫外線には注意が必要なのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック