レプレカラーのハイブリッドカラーを試してみました!

先週、多摩・麻生毛髪ケア専修士会の勉強会で勉強した、
ヘアカラーの染毛剤でアレルギー反応を起こしてしまう方や、
繰り返しヘアカラーすることによるダメージを気にされる方など、
ヘアカラーでのお悩みをお持ちの方のために開発された、
髪の毛と地肌に優しいノンジアミンのヘアカラー「レプレカラー」をテスト導入してみました。


画像



「レプレカラー」はHC染料と塩基性染料を使いながらも、
1回の施術でしっかりと染まり数週間色持ちする特殊な処方により、
トリートメントクリームの効果で毛髪のコンディションを良くしながら、
お洒落染めから白髪染めまで幅広く対応できる、
アレルギーの危険性も少ないトリートメントカラー
なのですが、、、

一般的に使われているアルカリカラーと比べてしまうと、
染まりがやや薄く、色持ちも短めだという欠点があるそうです


もちろん、アルカリカラーは染まりが良く色持ちも長いのですが、
ヘアカラーを繰り返すと髪の毛がダメージしてしまう。
また、人によっては、しみたり、カユミが出たり、被れてしまうなどの欠点があります


そこで
染まりが良く色持ちも長いというアルカリカラーの長所と、
ダメージレスでツヤツヤの仕上がりになるレプレカラーの長所をミックスさせることができる、
アルカリカラーとレプレカラーをミックスしたハイブリッドカラーという染め方がおすすめなのだそうです

(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…


ハイブリッドカラーのレシピは通常のアルカリカラーとオキシ6%の1対1に加えて、
レプレカラーを更に1加えるのだそうです。
つまり、アルカリカラー:レプレカラー:オキシ6%を1:1:1でミックスさせるのだそうです

\_(`・д・)ココ重要

 *この時のアルカリカラーで使用するカラーにはちょっと”コツ”があるのですが、
  あまり専門的なお話はここではカットさせて頂きます
  詳しくは大和理器さんのブログを御参照下さい


アルカリカラー剤を使用するので、ジアミンアレルギーのお客様には施術出来ませんが
それでも一般的なアルカリカラーの時と比べると、
ジアミン濃度、アルカリ濃度、オキシ濃度がそれぞれ薄まることになるので、
皮膚への刺激も軽減してくれるそうです


先週の勉強会ではこのハイブリッドカラーは体験することが出来なかったので、
とりあえず家内をモデルに試してみました



レシピはマニュアル通りに、
アルカリカラーにホーユープロステップカラーのN12(明度を上げるため)と、
GS5(白髪を染めるため)を0.5対0.5で1、

画像


レプレカラーにニュアンスカラーのモカで1、

画像


そしてオキシ6%を1の1:1:1。

これを根元の新生部中心に塗布してから毛先に塗布。ラップをして30分自然放置。


その仕上がりがこちらです
  ↓

画像


画像



8レベルの仕上がりになる予定でしたが、若干カラーが濃く入り過ぎてしまったのか?
やや暗めの仕上がりになってしまいました。
でも、白髪はしっかりと染まっていますよね


ちなみにBEFOREの画像はこちらです
  ↓

画像


画像



こうやって見比べてみると、
カラー後の髪の毛のツヤ感やハリ・コシの違いがはっきりと分かりますよね

(*゚ー゚)(*。_。)(*゚ー゚)(*。_。)ウンウン


なかなか良い感じに仕上がりました ☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!


初めて使うカラー剤なので、もう少し色々と試してみますけど、
1日も早くお客様に新メニューとしてご提案できるように致しますので、
その際には是非ともお試し下さい
 よ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)くぅ(^-^)ノ゙

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック