ハゲないための帽子の被り方

またまたお話が飛んでしまって申し訳ございませんが
「帽子を被るとハゲになる!?」というお話と、
「帽子を被らないとハゲになる!?」というお話をしてきて、
『頭皮の蒸れによる頭皮ダメージよりも、
 紫外線による頭皮ダメージの方が髪の毛に悪影響を及ぼしてしまうので、
 夏場に長い時間屋外に出る時や紫外線が強い時間帯に外出する時には、
 帽子を被って頭皮を夏の強い紫外線から守りましょう!』

と言いました。

そうは言っても、やっぱり蒸れや汗による頭皮ダメージもできるだけ防ぎたいところですよね
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

と言うことで、、、

今回はその対策方法についてお話していきますね


帽子の材質などにもよりますが、帽子を長時間被り続けていればいる程、
頭皮は風通しが悪い状態になり、汗や皮脂で蒸れてしまいます


長時間帽子を被る時には、こまめに帽子を脱いで通気をしたり、
タオルやハンカチで汗をふき取るようにして、頭皮の蒸れを防ぎましょう!

帽子を被る必要がある時以外、室内や日陰などではなるべく帽子を脱いで、
頭皮の換気を行いましょう!

また、通気性が悪い素材の帽子を被ることでも、頭皮が蒸れてしまいますので、
できるだけ通気性の良い素材の帽子を被るようにしましょう!


仕事で帽子やヘルメットを長時間被らなければならない人は、
せめて休憩中には帽子やヘルメットを脱いでおくようにしましょう!

そして、帽子やヘルメットを脱げなくても、
できるだけこまめに汗をしっかりとふき取るように心がけましょう!


どんなに頭皮が蒸れたとしても、
頭皮はシャンプーで洗えば清潔な状態に戻ります


家に帰ったらできるだけ早目に念入りにシャンプーをして、
頭皮を清潔な状態に戻しましょう!


また、蒸れた頭皮に被っていた帽子は、汗や皮脂で汚れてしまっていて、
雑菌もたくさん付いてしまっています


帽子も定期的に洗濯をして、常に清潔に保つようにしましょう!

また、室内や休憩中など帽子を脱いでいる間も、
帽子も通気性の良い場所で乾かすなどして、清潔に保つようにしましょう!


頭皮を締め付ける様なきつめの帽子を被っていると、
血流が妨げられて頭皮が血行不良を起こしてしまい、
毛根に栄養が行き渡らなくなってしまい、
これまた抜け毛や薄毛の原因になってしまいます

また、着脱時に髪の毛を無理やり引っ張ってしまうことになるので、
毛根に大きな負担を与えてしまいます


小さいきつめの帽子は、出来るだけ避けるようにしましょう!

そして、シャンプー後に頭皮のマッサージを行って、
頭皮の血行改善を促しましょう!


以上のことを常に意識しながら、
頭皮を真夏の強い紫外線から頭皮を守っていきましょう


また、帽子は熱中症対策にもなるし、
何よりおしゃれのアイテムにもなりますので、
夏のファッションを楽しむためにも、外出時は帽子を被ってお出かけしましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック