2週間の安静宣告 (´-ω-`)シュン

来年2月の東京マラソンの抽選は、残念ながら今年も落選してしまいましたので
今月中旬に発表になる来年3月の横浜マラソンの抽選結果に望みを託している状態なのですが、
もしも横浜マラソンまで落選しちゃった場合には、
「来年の1~2月に行われる首都圏近郊のマラソン大会にエントリーしてみようかな?」
と思っていた矢先に、、、


なんと
月曜日に人生初の肉離れになってしまい、現在は走れない状態なのです 

画像



どうしてこうなったのかと言うと・・・

数ヶ月後に出場するつもり()のマラソン大会に向けて、少しでもタイムを縮めるために、
最近は朝の約10kmのランニング時にもインターバルトレーニングを取り入れて、
2~3km5分30秒~6分程のペースで走ったら、
1km4分~4分15秒位の速いペースで走るようにして、
スピードを上げる練習をしていました ε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘


先日4日の日曜日の朝のランニングでいつものようにインターバルトレーニングをして、
ラスト1kmを速いペースで走った後に、
いつも以上にふくらはぎの筋肉にハリが出ていて、ちょっとピキピキ突っ張るような気がしました。

ですから、翌日5日月曜日の朝は多少ゆっくり目で14~15km走る予定だったのですが、
インターバルトレーニングの効果なのか?
新しいランニングシューズの効果なのか?
なんだかんだと通常のペースで走ってしまい、約12kmほど走ったところで、
左足ふくらはぎの筋肉の中の方から”プチッ”と音が鳴ったような感覚がして、
足が痛くなってしまいました


「ヤバいかな?」とは思ったものの、
走れないほどではなかったので、
その時は痛みを我慢しながら、そのまま走って家に帰ったのですが。。。


そして月曜日は理容組合の日帰りバスツアーに参加するため外出してしまい、
翌日6日火曜日の早朝には子供たちとのサッカーの朝練


しかし、火曜日に仕事をしていて痛みが引かないために、
いつもお世話になっている接骨院に行き、
問診、触診、超音波検査をして頂いた先生の一言が、


「肉離れですねぇ」

工工エエェェ((゚д゚; ))ェェエエ工工


わたしは過去には肉離れになったことはないのですが、
歩けないほど痛くはなかったので、
今回の負傷も筋肉の炎症程度だと思っていたのですが、、、


「程度は軽いけど、筋肉内部で内出血しているから2週間は走ったりしないで!」
って言われてしまいましたぁ ∑(゚∀゚lll)ガーン



せっかく本格的にレース用のトレーニングを行い始めた矢先に、
まぁなんと情けない

本当にショックです ゴ―――(ll-ω-)―――ン


ちなみに、肉離れとは筋肉の収縮動作が急激に行われた際に筋肉そのものに、
筋肉の部分断裂や筋肉の完全断裂を発症する筋肉の障害のことだそうです


肉離れの症状は、重さによって医学的に3段階の症状に分けられるそうですが、
わたしの場合は軽度なので、部分的に小規模の断裂が生じていて、
痛みはありますが自力の歩行が可能な状態なのだそうです。

完全に筋肉の繊維が切れてしまう重度の肉離れになると、
自力歩行はほぼ不可能となり、痛みも非常に激しい激痛を伴うようになってしまうのだそうです

そんな風になったら、とても、とても、”とこや”の仕事なんてできないので、
軽度であったのが不幸中の幸いでしたね (。 ・ω・)(。 -ω-)ぅんぅん


前述の通り、肉離れとは筋肉の収縮動作が急激に行われるスポーツ時、
特にダッシュやジャンプなど爆発的な運動エネルギーが必要となる場面で起こりやすいのだそうですが、
筋肉疲労が積み重なることでも肉離れが引き起こされることがあるので、
運動前後のストレッチ不足や睡眠不足、オーバートレーニングなども原因となってしまうそうです


わたしの場合は足が突っ張るような状態だったにも関わらず、
しっかりと準備運動をしないで走ってしまったのが良くなかったのでしょうね (○´I`)(○-ェ-)ウンウン

自業自得と言えば、そうなんだろうなぁ。。。


肉離れはクセになりやすく、
一度損傷を起こした部位が再び損傷を起こすことが多いのだそうなので、
今回ばかりは接骨院の先生の言うとおりに、
しっかりと治るまで走ったりしないで安静にしておかなきゃいけないんだろうなぁ。。。


それに
17日には中野島FCのパパさんコーチたちとのフットサル
19日には神奈川県理容組合のソフトボール大会があるから
それまでに何としても治さなきゃならないし。


そのため、しばらくの間はお店の予約状況の合間を縫って、
電気治療や温熱治療をしてもらいに平日は毎日接骨院に通う予定なので、
お客様にはご迷惑をおかけしてしまうかも知れませんので、
平日でもご来店前にはご予約をお願いいたします



だけど・・・

わたくし不思議と子供の頃から、
記憶や傷跡が残る怪我をするのは左足ばっかりなのです


小さい頃に海でおぼれそうになって岩で切った傷跡が、今も6~7cm左足に残っているし、
小学生の時には階段ジャンプで左足首を骨折したし、
高校生の時にはサッカーで骨折して左足を手術したし、
20代の頃にはスノーボードのジャンプに失敗して左足の靭帯損傷したし、
昨年のランニング膝もやっぱり左膝でした。

他にも細かい怪我などもやっぱり左足の方が多いかも!?

靴が合わなくないと痛くなるのも必ず左足だし。

もしかしたら、何かが憑りついてしまっているのかなぁ

な~んてね。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック