本当に大丈夫???

2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムが「盗用ではないか?」などと指摘されていた問題で、
大会組織委員会は佐野研二郎氏デザインのエンブレムの使用を中止することを正式に決定しましたね。



佐野氏のデザインを巡っては、ベルギーのリエージュ劇場のロゴに似ているとの指摘が出され、
ロゴのデザイナーが差し止め訴訟を起こしていましたし、
他にも、佐野氏が提出したエンブレムの活用例の写真がインターネット上の個人サイトから転用されている、
デザインの原案が2013年に都内で開かれた展覧会のポスターに似ている、
などといった疑惑が次々と浮上するなど問題が続出していました。



佐野氏は改めて盗用は否定したものの、
「国民から受け入れられない」などとエンブレムのデザインを自ら取り下げる意向を示し、
また、エンブレムの使用イメージについては、
他人のインターネットのブログから無断転用したことを認めたそうです


このエンブレムが入ったポスターやのぼり旗などの発注がすでに4600万円余りに上るそうですし、
全ての損害費用は100億円を超すのではないかと言われているそうです

それでなくても、東京都の担当職員や各スポンサー企業の担当者は、
対応に追われて大変な思いをしているのでしょうね


まぁ、こんな事言ってよいのかどうか分かりませんが、、、

あんなシンプルなデザインだったら、
何かに似ていてもおかしくはないだろうとは思いますが。。。

それに、「創作の基本は模倣にある」という言葉もあるくらいだし。。。


でもやっぱり
いくらザキヤマやフジモンの”パクリ芸”が流行っているって言ったって、
お笑いと違ってデザインの世界ではさすがに”パクリ芸”はありえないんだろうなぁ。

少しだけ”オマージュ”しましたって開き直れれば楽だったんでしょうけれどねぇ。。。


わたしなんてブログの記事を書く時も色々なサイトの内容を(勝手に)参考にさせて頂いていますし、
お店のメニューのネーミングやPOPのコピーなんかも、
上手なものを(勝手に)”オマージュ”させていただいちゃっていますけれども
 (o´ェ`o)ゞエヘヘ



だけど・・・

2020年東京オリンピック・パラリンピックについては、
メーンスタジアムとなる新国立競技場の建設も見直されることになったばかりだし、
色々と不手際が続出、問題も山積みですね

あと5年しか無いけれども、本当に大丈夫なんでしょうか???

本当に間に合うのでしょうか???



個人的には、この目で見ることができるかも知れない最初で最後のオリンピックだろうから、
楽しみにしているし、是非とも成功して欲しいと思っているんだけどなぁ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック