頭皮の日焼け対策 その①

今日もまたまた暑いですねぇ。。。
関東から沖縄にかけては、
広くジリジリと強い日差しが照りつける猛烈な暑さになるという予報です。
ただ、明日になると猛暑日地点はグッと少なくなるという予報ですし、
その後、13日木曜日から14日金曜日にかけては広い範囲で天気が崩れるという予報なので、
多少は暑さが和らぎそうですが。。。


こう暑くなってくると、紫外線対策が大切になってきますよね


ですが
お肌の紫外線対策には神経を使っていても、
頭皮の紫外線対策にはついつい無防備になりがちです
 (。 ・ω・)(。 -ω-)ぅんぅん
ふだん見えない部分のため気づかない人も多いかと思いますが、
頭皮も顔の延長の皮膚なので普通に日焼けしてしまいますし、
顔よりも高い位置にあるため、実際には顔の3倍も紫外線を浴びていると言われています



そして
頭皮も顔や手足のお肌と同じ皮膚の構造をしています。

つまり、頭皮も紫外線を浴びて日焼けすると様々なトラブルが発生してしまうのです

紫外線を浴びるとお肌が赤くなったり、炎症が起きたりします
日焼けはやけどの一種なので、皮膚細胞が紫外線でダメージを受けてしまうからです。

放置すればそれがシミ・ソバカスになったり、シワになったりすることもありますが、
頭皮の場合には髪の成育に影響を与えてしまい、
将来的には薄毛や抜け毛などに影響する可能性もあるのです



頭皮の場合も顔や手足のお肌と同じように、
日焼けしてしまった時には「冷却」と「保湿」が何よりも大事となってきます。



日焼けで頭皮が赤くなったり、痒みや痛みを伴う場合には、まずは冷やしましょう

痛みやかゆみがある程度おさまるまで、シャワーで頭に水をかけ続けましょう!
シャワーで身体が冷え過ぎてしまう場合には、
水で濡らしたタオルやタオルで保冷剤を巻いた物を頭に乗せて冷やしましょう!


その後は、化粧水や低刺激のローションで炎症を抑え保湿しましょう

化粧水は普段使用しているお肌用の物でも構いませんが、
日焼けの度合いによってはしみてしまうことがあるので、
一度に大量に付けるのではなく、少しずつ付けましょう!

そして、お肌のケアと同様に乳液や保湿クリームなどで保湿を行いたい所ですが、
頭皮の場合にはヘアスタイリングの妨げになる場合もありますので、
椿油やホホバオイル、オリーブオイルなどの天然オイルを使用すると良いでしょう!


頭皮が日焼けしてしまった後は、頭皮が大変敏感になっていますので、
シャンプー方法にも気を使いましょう


シャンプーは、出来るだけ肌に優しい低刺激のシャンプーを使いましょう!

シャンプーは直接頭皮につけるのではなく、手のひらで泡立ててから頭皮に付けましょう!

洗い方もゴシゴシ洗うような洗い方はやめて、
手のひら全体を使っていつもよりも優しく、頭皮をマッサージするように洗いましょう!

リンスやコンディショナーは頭皮に付けないようにしましょう!

すすぐ際には水やぬるま湯ですすぎましょう!

タオルドライもゴシゴシこすらずに、やさしく水気を取るように行いましょう!

ドライヤーを使用する際には、冷風で乾かすか、
いつも以上にドライヤーを頭皮から離して、熱ではなく風で乾かすようにしましょう!


そしてシャンプー後には必ず化粧水や低刺激のローションを付けて、
頭皮が乾燥するのを防ぎましょう



頭皮の日焼けが完全に治まるまでは、
極力シンプルなヘアケアだけにするというのが大事なポイントです


仕事柄難しい方もいるかと思いますが、
日焼けの炎症が治まるまでは、できるだけスタイリング剤などの使用も避けましょう!


以上頭皮が日焼けしてしまった場合のケアについてお話してきましたが、
痒みや痛みが我慢できない時、または頭皮が被れたりひどく炎症を起こしている場合には、
必ず皮膚科へ行って医師の適切な処置を受けましょう





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック