母の日にはカーネーション!

明日は5月の第2日曜日なので「母の日」ですね
でも「母の日」が5月の第2日曜日なのは世界共通ではなく、国や地域によって、
季節や月を問わず様々なのだそうです ∑(゚Д゚;) エッ
日本でも、昭和6年に当時の皇后の誕生日である3月6日を「母の日」と制定していたそうですが、
戦後の昭和24年頃からアメリカの影響で、5月の第2日曜日に行われるようになりました。

「母の日」と言えば、日頃の感謝の意を込めてカーネーションを贈るのが一般的ですが、
それはいったいどうしてなのでしょう



「母の日」の由来については諸説ありますが、カーネーションを贈るようになったのは、
20世紀初頭のアメリカで母親思いの女性が起こした行動がきっかけでした


南北戦争中に敵味方問わず負傷兵のために地域の女性を結束させた
アン・ジャービスの娘のアンナ・ジャービスという女性が、
自分を苦労して育ててくれた母親の命日に追悼の意を表し、
母が日曜学校の教師をしていたフィラデルフィアの教会の祭壇に、
母親が好きだった白いカーネーションをたくさん飾り、母親を偲んだのが発端だとされています。

このことが参列者に大きな感動を与え、母に感謝する動きが全米へと広がっていきました。
これを期に、アンナは支援者と共に母に感謝の気持ちを捧げる休日を作るよう議会に呼びかけ、
そして1914年のアメリカ議会で、5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。
アン・ジャービスが亡くなったのが5月9日(第2日曜日)だったことから、この日に定められたのです。

アンナが母親が好きだった白いカーネーションを祭壇に飾ったことから、
母が健在であれば赤いカーネーション、亡くなっていれば白いカーネーションを胸に飾るようになり、
そして
「母の日」にはカーネーションを贈るようになったのだそうです
 ほぅほぅ(*゚д゚))

ですから、、、

「母の日」にはくれぐれも、白いカーネーションを贈らないようにしましょうね



ちなみに・・・

カーネーションには共通の花言葉の「無垢で深い愛」「女性の愛」とは別に、
色ごとに違う花言葉があるのです
 (; ̄Д ̄)なんですと!


一般的に見られる赤いカーネーションは、「母への愛」「母の愛」「真実の愛」。
「母の日」にもってこいの花言葉ですね。

ですが濃い赤の花言葉は、「私の心に哀しみを」「欲望」と言ったネガティブな意味になるので、
「母の日」には避けた方が良いでしょう。

赤同様に良く見られるピンクは、「感謝の心」「あたたかい心」「美しい仕草」「気品」。
こちらも感謝の贈り物としてはぴったりの花言葉ですね。

オレンジのカーネーションは、「情熱」「熱烈な愛」「清らかな慕情」。
こちらはどちらじゃと言うと恋人向きかも。

クールで大人っぽい印象の紫のカーネーションは、「気品」「誇り」。
バリバリのキャリアウーマンなお母さんにはピッタリかも知れませんね

遺伝子組換え技術により誕生した青いカーネーションは、「永遠の幸福」。
わたしは青いカーネーションなんて見たことないですが


そして
これらの色が大好きで、花言葉を気にしない方以外には、
できるなら避けた方が良いのがこちらの色のカーネーションです。

白いカーネーションは、「亡き母を偲ぶ」「私の愛情は生きている」「尊敬」「純潔の愛」。
「尊敬」「純潔の愛」は素敵な花言葉ですが、
もともとは亡くなった母へ贈るものとされていたので、
ご存命のお母さんに贈る場合には避けましょう。

黄色いカーネーションは、「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」。
綺麗でかわいい色なのですが、ネガティブな花言葉が多いのでなるべく避けましょう。


色によってこんなに細かく花言葉が分かれているなんて、
全然知らなかったですねぇ。。。



ちなみにわたしたち夫婦も、日頃の感謝の意を込めて、
少し早めですが、すでにお互いの母親にカーネーションを贈りましたよ


画像




さてさて・・・

うちの息子たちは、明日お母さんのためにちゃんとカーネーションか何か、
「母の日」のプレゼントを贈るのでしょうか???



男の子だから気が利かなくって、毎年、毎年、言わなきゃ何もしないけれども
今年は”あえて”何も言わないでいるから、どうなんだろうなぁ???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック