柏餅の由来

今日5月5日は「こどもの日」ですね
3月3日の「ひなまつり」が”女の子のための日”であるのに対して、
もともと5月5日が男子の健やかな成長を願う「端午の節句」だったこともあり、
兜を飾ったり、鯉のぼりを掲げたり、菖蒲湯に浸かったりと、
”男の子のための日”というイメージがありますが、
祝日法2条によると、
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」
ってことが趣旨なのだそうで

男女関係ないだけでなく、お母さんにも感謝するっていう日なんですねぇ
お母さんに感謝するって言っても、いまいちピンとこないどころか、
わたしもそうでしたが、そんな事だとは知らなかった人も多いんじゃないでしょうか?

うちも子供二人男の子だし、兜を飾ったり、菖蒲湯に浸かったりと、
子供たちのための風習は行っていますが、
お母さんや嫁さんへの感謝のための事は何もしていません

それは今度の日曜日10日の「母の日」にやれば良いかな?笑


そうそう
「こどもの日」と言えば・・・

甘党のわたしにとって忘れちゃいけないのが柏餅

柏餅とは、ご存じの通り、
上新粉で作ったお餅で餡をくるみ柏の葉で包んだ和菓子ですよね
 ( *゚д゚)( *。_。)ウンウン


ということで・・・

今回は「どうして端午の節句(こどもの日)に柏餅を食べるのか?」
っていうことをお話します



もともと「端午の節句」は中国から伝わった行事で、
柏餅ではなく、ちまきを食べる風習があったのだそうです。

中国の春秋戦国時代に存在した楚の国の詩人、屈原が、
陰謀により失脚したのち、国の行く末に失望し入水自殺し、
人々の信望を集めていた屈原の死を知った楚の国民達が、
水中に投じた供え物がちまきの起源とされ、
命日の5月5日にちまきを食べる風習ができたのだそうです。

ちまきは「端午の節句」とともに、平安時代に中国から伝来し、
都があった近畿地方で広まりました。

ですから、今でも関西では「子どもの日」にはちまきを食べる風習があるのだそうです


「端午の節句」に柏餅を食べる風習は江戸時代に入ってからだと言われています。


もともと柏は古くは、食物を包んだり、覆ったりした植物の葉の総称で、
「炊葉(かしぎば)」の転じた語ではないかとも言われています。
ですから、柏の葉はしなやかで、食べ物を盛るのには都合がよく、
古くから食器として使われていたのだそうです (。 ・д・)-д-)ふむふむ

そのため、柏の葉で包んだお餅は古くからあったとも言われています。


しかし、武士の時代になり、
「端午の節句」が男子の健康と出世を願う行事の意味合いが濃くなると、
縁起が良い柏でお餅を包む風習が江戸を中心に広まったのだそうです。

柏の木に神が宿っていることから「拍手を打つ」と言う言葉が生まれたように、
柏は古来から神聖な木とされていました。

また、柏の木の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないため、
「子供が生まれるまでは親は死なない」という思いにつながって、
柏餅は、「家系が絶えない」、「子孫繁栄」という縁起を担ぐ意味が込められたのです



今では小豆餡が入っているのが一般的な柏餅ですが、
当時は塩餡や味噌餡が主流だったそうです。

そのため、伝統を守っている和菓子屋さんでは今でも2種類の柏餅を作っていて、
柏葉の表を外向けにしてお餅を包むのは小豆餡で、
柏葉の裏を外向けにしたのが味噌餡として区別しているのだそうです へぇ~_〆(・∀・*)


ちなみに、、、

うちではわたしが子供の頃から、5月5日は母親が柏餅を手作りしてくれます


以前は柏の葉が手に入らなくて出来なかった時もありましたが
今ではインターネットでも購入することができるので、
数年前から手作り柏餅が復活しました。

画像


お店で売っている柏餅と違って不恰好ですが、
「おふくろの味」ってヤツで美味しいです

画像



そうかぁ
毎年、大変な苦労をして何十個も美味しい手作り柏餅を作ってくれるんだから、
それこそ「母親に感謝」ですね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック