チョコレートは体に良い (。・Д・。)マッ!!

今日2月14日はバレンタインデーですねっ
1年で1番チョコレートが消費される時期なのでしょうが、
わたしは女子っ気のない”とこや”という仕事柄、
義理チョコすらもう何十年ももらっていません
まぁ、この年齢になったらどうでも良いことなんですけれどもね(苦笑)。。。


ちなみに、、、
チョコレートを食べると、「太る!」「虫歯になる!」「ニキビができる!」などなど、
あんまり良いイメージを持っていない方も多のではないでしょうか?

ところが
実はチョコレートはわたしたちの体に害があるどころか、
とっても体に良い効果がたくさんある食べ物
で、
なんと
4000年も前から“神の食べもの”と崇められ、
不老長寿の薬として珍重されてきた食べ物なのだそうです


そこで今回は、
「チョコレートやココアがわたしたちの体にどんな効果があるのか?」
ということをお勉強していこうと思います

どうです、バレンタインデーにふさわしい内容でしょう (笑)


チョコレートやココアの原料であるカカオ豆には、
癌や動脈硬化など様々な病気の原因と言われる活性酸素を抑える
抗酸化物質のカカオ・ポリフェノールが豊富に含まれています

なんとその量は赤ワインに含まれているポリフェノールの倍以上だそうです

しかも
カカオ・ポリフェノールには、コレステロール値を下げたり、
LDLコレステロールが活性酸素によって悪玉化して動脈硬化が進むのを防ぐ力があります。


チョコレートやココアの摂取量の多い人ほど心臓病が少ないという医学研究結果もあるのだそうです


さらに
カカオ・ポリフェノールには、
細胞DNAの突然変異を抑制することで癌予防に効果があることや、
ストレスにたいしても抵抗力が強まることや、
アレルギーやリウマチにも効果があるそうです。
 


また
カカオ成分には抗菌作用もあるため、
胃かいようや胃癌との関連が深いピロリ菌や、
重い食中毒で知られる病原性大腸菌を抑制する効果があるほか、
傷の治癒にも効果的なのだそうです。



以上のように、カカオにはこんなに多くの効果があって、
まるで万能薬のようですね ( *゚д゚)( *。_。)ウンウン  


ここまででチョコレートが体に良い食べ物だっていうことは分かって頂けたかと思いますが、
続いて、チョコレートに対する一般的な誤解についてお話していきますね


まずはチョコレートを食べると、「太る!」って思われる方が多いかと思います。

しかしそれは大きな間違いです

確かにチョコレートは高カロリーですが、
脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑え、脂肪が血中に残るのを防ぐため、
脂肪分は吸収率が低く、体脂肪になりくいことが実証されています

しかもチョコレートは少量でも高い満足感が得られるため、
脂肪分の多いケーキなどを食べるよりも太りにくい食べ物だと言うことができますよね。

また、カカオにはリグニンという食物繊維が多量に含まれるため、
便秘予防にも効果があり、
逆に便通を改善することで肥満防止に役立てることができます
 (´・∀・`)ヘー


もちろん
砂糖や乳脂肪分を多く含んだ甘~いチョコレート菓子を大量に食べることは、
肥満の原因となってしまいますので注意しましょうね(笑)。


次にチョコレートを食べると、「虫歯になる!」ってことですが、
緑茶には虫歯予防効果成分が含まれていることが知られていますが、
カカオ成分にはそれ以上に虫歯の原因菌を抑える働きがあることが、
歯科医師の研究で分かっているそうです
 Ωヾ(・∀・` )ヘーヘーヘー


そしてチョコレートを食べると、「ニキビができる!」ってことですが、
チョコレートとニキビに科学的な因果関係は認められないことが判明しています。
また、カカオ・ポリフェノールにはアレルギー疾患の炎症を抑える作用があることも分っているので、
お肌に悪影響を及ぼしてしまうようなことはないそうです (。 ・д・)-д-)ふむふむ


ということは、、、
チョコレートを食べると、「太る!」「虫歯になる!」「ニキビができる!」などは、チョコレートに対する誤解が大きかったってことですね。
チョコレートさんごめんなさい。。。


さらにさらに
カカオに含まれるカフェインの一種テオブロミンには、
神経を鎮静する効果や精神をリラックスさせ、
ストレスを軽減する効果があることが分かっていますし、
チョコレートを食べたり香りをかぐと、集中力や記憶力が高まるということも、
人の脳波や学習実験から実証されています


「チョコレートを食べると興奮して鼻血が出る!」というのはむしろ逆で、
これも単なる迷信みたいですね。


チョコレートやココアは単なる菓子類や加工食品のような印象を持たれがちですが、
実はポリフェノールや食物繊維にカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などの必須ミネラル類も豊富に含む、
栄養バランスのとれた天然成分に近い食品なのです



健康維持のためにも、
チョコレートやココアを日常的に楽しみながら食べる習慣をつけてはいかがでしょう



しかし
これらの素晴らしい効果を期待できるのは、
砂糖や乳脂肪分を多く含んだミルクチョコレートなどではなく、
乳脂肪分を含まないカカオマスを70%以上含んだビターチョコ(プレーンチョコ)でなければなりません


砂糖や乳脂肪分を多く含んだ甘~いチョコレート菓子の食べ過ぎは、
やっぱり「太る!」「虫歯になる!」「ニキビができる!」などの悪影響が出てしまうので、
食べてもほんのチョコっとにしておきましょうね ァハハ・・(・∀-`;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント