完熟したゴーヤ

5月末に植えた店頭のゴーヤも3ヶ月が過ぎました
今年も「どのくらい上に伸びるか?」っていうことにチャレンジしたのですが、
3ヶ月で2階を越して3階にようやく届きそうっていう位で、
昨年と同様に、やっぱり今年も屋上までは届きそうにありません
うちではこれが限界なのでしょうか???

画像



上に伸ばしている分、あまりモサモサっとしたグリーンカーテンにはならず、
早くも下の方はスカスカな状態になってしまいました


画像



もともとお店の節電や日よけが目的で飢えているゴーヤなんだから、
これじゃあ当初の目的とは違ってきちゃいますよねぇ。。。

もしも来年もゴーヤを植えるなら、
あまり上には伸ばさないようにして、
しっかりとしたグリーンカーテンを作ることを目指さなきゃなぁ。。。



さてさて、、、

ゴーヤを育てていると当たり前のように実がなるのですが、
そもそもゴーヤなんてそんなにバクバク食べるような物ではないし、
もともとそんなに好きな野菜でもないしで、
最初の方は実がなると一生懸命に採っていましたが、
だんだんと採らなくなってきて、しまいにはそのまま完熟させてしまったりもして。

一般的に食べられているゴーヤといえば緑色でゴツゴツした実なのですが、
実は緑色のは未成熟の状態で、ゴーヤは完熟すると実が黄色くなります。


画像



黄色くなるとゴーヤ特有のあの苦味が消えますが、
シャキシャキっとした歯ごたえも無くなってしまいます。

ネットではそれを捨てずにジャムやスムージーやムースなどにして食べるって方もいるそうですが、
まだうちではチャレンジしていませんので、お味の方は分かりません(笑)。


また、完熟したゴーヤの実の中には真っ赤な種が入っています。

画像


正確に言うと、赤い種があるのではなくて、 
種をくるんでいる周りの白い綿の部分が赤くゼリー状になっているんですが、
この部分がネットでは熟した柿やメロンのように甘くて美味しいなどと書かれている記事もありますが、
わたしが食べた感じで言うと、
種の周りの赤い部分は、食感はぬるっとしていて、確かに甘みがありますし、
あの苦~いゴーヤの味とは全然違いますが、
それでも、
「甘くて美味しいという程ではない!」
と思います(苦笑)。


何もわざわざ完熟させてまで食べる価値はないかなぁ (・ ε ・)フーン

まぁ、これも人それぞれの味覚や好みの違いがあるので、
みなさんもご自身で試して見て下さいね~ (´・∀・`)ノ


うちでは完熟ゴーヤは食べずに種だけ採っています。


画像


毎年毎年、種を採っていても、結局それを植えないで苗を買ってきてしまうんですが、
来年こそは是非ともこの種でゴーヤを育ててみよう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック