ゴーヤの摘心

先月末に当店「カットハウス897(YAGUCHI)」の店頭に植えたゴーヤも、
2週間で約1mほど伸びてきました
昨年は摘心せず、あえて自然に上に上にと伸ばしてみたのですが、
今年は適度に摘心しながらカーテン状にしていこうと思います
 (o'ー'o)ゞ

画像


やっぱり毎年同じようにしててもつまらないから、
色々と試してみないとね

(とか言って、毎年同じようにゴーヤを育てているんですけれども


ということで、、、

今朝、初めての摘心を行いました

画像



ちなみに摘心とは剪定の一種で、
樹の新梢の先端や茎の先端の芽(頂芽)を摘むことです。
 
ゴーヤは摘心することによって、親ヅルが伸びる為の養分が子ヅル、孫ヅルにまわるため、
子ヅル、孫ヅルが育つようになってグリーンカーテンを繁らせることができ、 
また、実も多くなるという効果があると言うことなのです
 \_(`・д・)ココ重要


*摘心についてのお話は以前の当ブログの記事をどうぞ
 → http://897-yaguchi.at.webry.info/201106/article_22.html


苗の背丈が1メートルになった頃、または本葉が7~8枚の頃に、
親ヅルの先端をカットすると良いのだそうですが、、、

もう、当店のゴーヤは子ヅルもだいぶ伸びてきているので、
ちょっと摘心のタイミングが遅くなってしまったのかなぁ???

画像



まぁ、それでも順調に育っているので、
今年も立派なグリーンカーテンが出来そうです




だけど・・・

今年は1番最初に咲いたのがよりによって雌花で、
雄花が咲いてなかったから咲いてなかったから受粉することができずに、
このまま実が育たないで終わってしまいます

画像



せっかくの第1号の実になるはずだったのに、非常に残念でしたね。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック