宮島グルメ

今回は前回の宮島観光の続きなのですが、、、

観光の醍醐味と言ったらその土地の名産品を食べることも大事ですよね

っていうか
わたしにはその方が大事だったりして (*'-'*)エヘヘ


ということで・・・

わたしたちも色々な宮島グルメを堪能してきました


宮島のメインストリートの表参道商店街には、
土産物店や食事処、旅館などがびっしりと並んでいて、
多くの観光客で賑わっていました。


画像



広島の名産といえば第一に牡蠣ですよね


特に特に宮島に臨む大野瀬戸で養殖された牡蠣は、
宮島の原始林から海に流れ出した栄養素が牡蠣の餌となる植物プランクトンを育て、
海流もかきの成育に適しているため、
香り、味、歯ごたえともに極上の牡蠣に育つのだそうです


そのため、
宮島の表参道商店街には牡蠣を食べさせてくれるお店や、
店頭で焼き牡蠣を売っているお店がたくさんあります。

画像



ぶっちゃけ、牡蠣はちょっと苦手なこのわたし

最近ようやくカキフライを食べれるようになったくらいで、
生ガキはまだまだNG ヾノ>д<。) ムリムリ

今回は消防班の仲間みんながみんな、口を揃えて、
「メチャメチャうまい!」
というので、
人生初の焼き牡蠣に挑戦しました

画像



人生初の焼き牡蛎は、、、

ほんのりレア気味の焼き加減でプリップリ、
噛むと中から磯の風味と牡蠣の旨みがドバっと溢れ出てきて、、、

これ、絶対に牡蠣好きな人だったら、絶対に、間違いなく、
「メチャメチャうまい!」
って言うんだろうけど、、、

わたしにはちょっと、、、

ゴメンナサ──・゚・(。>д<。)・゚・──イ


やっぱりわたしはカキフライのほうがいいなぁ。。。

画像


この画像は仲間がランチで食べたカキフライですが、
わたしも1切れいただきました (o^~^o) モグモグ 


ランチといえば、
わたしが宮島で昼食に食べたのは、
牡蠣と並ぶ宮島の味の代表格として有名な穴子がたっぷりと乗った「あなご丼」


これまた大野瀬戸で獲れる穴子は、
風味もやわらかさも品質が良いブランド穴子なのだそうです



牡蠣はちょっと苦手でも、
穴子は大の大好物

その穴子がこんなにたくさんご飯に乗っているなんて、、、

画像



ふんわりとやわらかく口の中でとろけるような穴子、
本当に、本当に、
「メチャメチャうまい!」

人それぞれ好き好きあるんでしょうけど、
牡蠣対穴子だったら、
わたし的には穴子の圧勝ですね マイウ―――(( ´艸` ))―――!!!!



そして
食後のデザートには、これまた宮島名物、紅葉堂の「揚げもみじ」

宮島名物のもみじ饅頭に衣をつけて揚げたものです。


画像


あんこ、クリーム、チーズと3種類あり1本150円

わたしはあんことクリームの2種類をいただきました (o^~^o) モグモグ

画像


サクサク衣の食感と中の餡やクリームの甘さが絶妙なバランスで、
「美味しい!」

どっちも美味しかったけど、わたし的には中が熱々のクリームの方が好きだなぁ


熱っ~いデザートの後は、やっぱりアイスでしょ

ってことで、、、

デザートのデザートに、
表参道商店街入口で見かけて気になっていた「鹿ちゃんソフト」


画像


いったいどんなソフトクリームなんだと思いきや???

宮島にたくさん生息している鹿のフンに見立てた麦チョコがのっかっているソフトクリームでした

画像


お味はと言いますと、、、

麦チョコのチョコの味と食感がアクセントになっていて、
「美味しい!」

ただし
普通のソフトクリームとそんなに大差があるわけでもなく、
これで450円は正直「高い!」

遊び心があって面白いから、個人的にはこういうの好きだけど、
絶対にリピートはしないだろうなぁ (・I・。(- ェ -。(・I・。(- ェ -。ウンウン


色々と宮島グルメを堪能しましたが、途中で、
グルメ番組か何かのレポーターで来ていたこんな人に会いました。

画像


ギターーァを持っている♪
相方がいなかったのは~♪

なんでだぁろう~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

kouka_810
2014年02月22日 10:26
リフレッシュしてきましたね(*^。^*)
宮島名物 焼き牡蠣、穴子飯、もみじ饅頭 美味しそ~
2014年02月22日 14:57
コメントありがとうございます。
旅の醍醐味は美味しいものを食べることですよね。
わたしにとって現役最後の旅行になる予定なので、
良い思い出ができました。

この記事へのトラックバック