女子の「就活ヘアー」のポイント

前回は男子の「就活ヘアー」についてお話したので、
今回は女子の「就活ヘアー」についてのお話をします

女子の「就活ヘアー」は、清就職活動に適した高感度をアップするヘアースタイルであり、
女性らしい清楚な感じやフレッシュさをイメージさせることができるかがポイントです

画像


男子とは違って、髪の毛の長さの適正な基準はありません

ですが、ボーイッシュなほど短過ぎるヘアースタイルは避けましょう。

髪の毛の長い人は必ずゴムで一束にまとめましょう。
この時には、耳が出るようにすっきりとまとめましょう。
耳より上の位置でアップスタイルにすると、清潔感が出て明るい印象になります。
ただし、ツインテールやポニーテールはカジュアル感や幼い印象を与えてしまうので避けましょう。
また、結んだ毛先がハネていたり、ボサボサになっていては清潔感が感じられませんので
結んだ毛先も整えることが大切です。

画像


ボブスタイルにする場合は、サイドパートで髪の毛を分けて、
顔周りがはっきりと明るく見えるようにしましょう。


画像


画像


前髪は長過ぎないほうがいいですが、額を露出しすぎる必要はありません。
眉毛が見えるくらいにして斜め横に流しましょう。

ただし、前髪は乱れないようにスタイリング剤で固たり、
長い場合にはヘアピンでまとめた方がよいでしょう。
このとき、額の辺りでピンをとめてしまうとフォーマルな感じが損なわれてしまうので、
正面から見えないように、サイドの奥の位置でとめましょう。

面接でお辞儀をしたときなどに前髪が崩れてしまうと、
どうしてもだらしなく見えてしまいますし
しかも、面接中に何度も髪の毛を手で直すという仕草は、
落ち着きのない印象を与えてしまうので注意しましょう。

画像


お姫様カールやゆるふわカールよりも、
ストレートのほうが知的で落ち着いた印象を与えます。
「就活ヘアー」では可愛い、おしゃれというよりも、
清潔感のある無難なヘアースタイルが求められます。


また、男女共通のことですが、
茶髪などの明るいカラーリング、ハードなカールのパーマ、
デザイン性の高い個性的なヘアースタイルなど、
一般的な社会で相応しくないヘアースタイルは就職活動には向きませんので、
絶対にやめましょう


また、女子の場合には特に寝癖、毛先のハネ、ボサボサ感など、
清潔感を損ないだらしなく見えるヘアースタイルはNGです。
清潔感を出すためには、ボサボサにならないようにきちんとブラッシングすることが重要です。
傷んでパサパサになっている場合は、しっかりとトリートメントでケアしましょう。


就職面接で最も大事なのは、
「短い面接時間の中でどのように面接官に良い印象を与えるか」
ということです。



第一印象を良くするためには、個性やおしゃれを重視するというよりも、
身だしなみや相手に与える印象を重視するということが大切ですが、
ともすれば大多数が同じようになりがちな「就活ヘアー」では
自分を最も”明るく”、”爽やかに”みせてくれるヘアースタイルを目指して、
面接官により良いイメージを与えられるようにしましょう!



女の子だったらヘアースタイルもおしゃれの重要なポイントでしょうし、
お気に入りのヘアースタイルにできないのは嫌なものだと思いますが、
就職活動はたった一時のものです。

希望する企業に入社するためにも、きっちりと「就活ヘアー」にいたしましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック