「就活ヘアー」とは?

ちょっと間が空いてしまいましたが、
またまた「就活ヘアー」のお話です

「どうして就職活動時には「就活ヘアー」にしなければならないのか?」
って記事の中で、
「就職活動の面接においては、
 社会で対応できるか、集団行動ができるかどうかを見られるので、
 社会のルールやモラルに則った身だしなみができているかが重要で、
 ヘアースタイルも身だしなみの一つとして、
 その企業に入社したいという”決意の表れ”でなくてはならないから」

だというようなお話をしました

就職活動には「就活ヘアー」が重要だということはお分かり頂けたと思いますが、
それでは、
実際に就職活動に適したヘアースタイルとはどのようなものなのでしょうか?

就職活動においては、個性よりも常識のある身だしなみが好印象を持たれます

短時間で自己を表現しなければならない面接の場では、第一印象が非常に重要です。
面接では、第一印象のわずか15秒で、採用か不採用かが9割決まるとさえ言われています
特に、ヘアースタイルは服装とともに身だしなみを左右する重要な要素で、
面接官は就活生のヘアースタイルで先入観を抱いてしまうことも多いそうです

従って、男女共通で言えることですが、
就職活動においては今風でおしゃれなヘアースタイルよりも、
清潔感のあるスタンダードなヘアースタイルが求められます。


ですから
カッコ良いとか可愛いとかが基準になるのではなく、
爽やかで誠実そうなイメージを与えるようなヘアースタイルでなければなりません

茶髪、ロン毛、ハードなパーマなど一般的な常識にそぐわないヘアースタイルはもちろんNGですが、
しかし
だからと言って、ただ単に短くすれば良いというものではありません

あまりにも野暮ったくてダサいヘアースタイルやボサボサなヘアースタイルは、
かえって”だらしない人”、仕事ができない人”と思われてしまう場合もあります


就職活動においては、
何と言っても、
面接官に第一印象で好印象を与えるようなヘアースタイルでなければなりません

従って、「就職ヘアー」とは、
常識のある身だしなみに基づいたスタンダードなヘアースタイルで清潔感や誠実さがあり、
なおかつスタイリッシュで仕事が出来そうなイメージを与えるような、
好感度の高いヘアースタイルでなければならないのです。



「就活ヘアー」は就職活動のためのヘアースタイルではなくて、
就職戦線に勝ち残り、内定を勝ち取るための勝負ヘアなのですから


゚.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン

画像



では、「具体的にはどういうヘアースタイルが良いのか?」と言うのは・・・

長くなりそうなので・・・

次回にご説明いたしますねぇ マタネッ(*^-゚)/~Bye♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック