どうして「就活ヘアー」にしなければならないのか?

またまた「就活ヘアー」のお話になりますが、
お付き合いくださいね (。ゝ∀・)ゞヨロシクゥ♪

実際に、就職活動中の方はもちろんのことですが、
今現在企業で働いている方のほとんどが、
「就活ヘアー」にした経験があるかと思います。

大学生のうちは自由にお洒落で個性的なヘアースタイルをしていた人でも、
就職活動に臨む際には、「就活ヘアー」にしなければなりません

「ヘアースタイルなんてどうでも良いじゃん!」
「就活ヘアー」なんてダサくてやりたくない!」
な~んて軽々しく思っている人は、
絶対に就職活動が上手くいかないでしょう ムリ!d(`・д´・ )キッパリ

それだけ就職活動にはヘアースタイルが重要なのです


ですから今回は、
「どうして「就活ヘアー」にしなければならないのか?」
ってことをご説明いたします



就職活動の面接においては、日本という社会で対応できるか否か、
つまり集団行動ができるかどうかを見られます。
その中で、社会のルールやモラルに則った身だしなみができているかを見られるのです。


そのため、就活には紺やグレーなどのフォーマルな印象のスーツを着ていきますよね。
フォーマルなスーツに似合うヘアースタイルこそが「就活ヘアー」なのです フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!


面接で自己を主張するということはとても必要なことですが、
あくまでも社会人としての常識的な身だしなみができた上でのことになります。

したがって、ヘアースタイルで社会人としてふさわしくないほど個性を出すことは、
社会人としてのモラルの欠如と取られてしまうことになってしまいます




また、就職活動というのは社会人になるための準備期間でもあります


つまり、それまで自分の好きにしてきた髪の毛を短くカットしたり、
黒く染め直したりして就職活動に臨むということは、
社会人としての道を歩み出した”決意や覚悟の表れ”として見られるということなのです。


逆に言えば、それができていないということは、
社会人となるための覚悟のできていない、
学生気分の抜けない大人になりきれない人間として判断されてしまうことになるのです (乂`д´)アウト!


就職活動は学生が企業を選ぶ場であると同時に、
企業が学生を選ぶ場でもあります



マナーや礼儀とともに学生を評価する基準の一つには、身だしなみも含まれています。
つまり、身だしなみというのは個性ではなくて、
その企業に入社したいという”決意の表れ”でなくてはならない
のです。


短時間で自己を表現しなければならない面接の場では、
第一印象が非常に重要です



面接では、第一印象のわずか15秒で、採用か不採用かが9割決まるとさえ言われています

そして、ヘアースタイルは服装とともに身だしなみを左右する重要な要素で、
面接官は就活生のヘアースタイルで先入観を抱いてしまうことも多いそうです (´-ω-`)う~ん

特に最終面接のように企業の重役クラスが面接官だったりしたら、
今風のヘアースタイルへの理解度は低くなりがちです

こんな就職氷河期のご時世に、
ヘアースタイルが理由で就活を失敗してしまうなんて、
ものすごくもったいないですよねぇ?


いくら個性が大切だと言われる時代になったといっても、実際には、
常識のある身だしなみがどんな相手にも好印象を持たれるということは、
いつの時代も変わらないことです



そのため、ヘアースタイルも社会のモラルや常識のある身だしなみをクリアしたものであり、
相手により良い印象を与えるようなものでなければなりません。

ですから

就職活動を行う上では、
フォーマルなスーツに似合うスタンダードなヘアースタイルでありながらも、
面接官により好印象を与えることができるように、
清潔感と誠実さをイメージさせるような「就活ヘアー」にする必要があるのです



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック