未来のために理容師ができること

前回、「ブログで「就活ヘアー」をPRしていく!」と言ってしまいましたので、
これから何回かに分けて、「就活ヘアー」について書き綴っていこうと思います


(興味のない方には、本当にごめんなさいねぇ
 だけど、同業者の方々には是非読んでもらいたいんですよねぇ。)


そもそも、「どうして今理容店が「就活ヘアー」をPRしているのか?」
というと・・・

日本大学経済学部の先生が、ミクロ経済学の視点から、
「理容業の立ち位置を明確にするために、
 大人の男性、社会人の方々をターゲットにした戦略として、
 「フォーマルなカットなら理容店」
 「リクルートカットなら理容店」
 などのイメージを広く一般的に持ってもらえるようにしていくことこそが、
 理容業界の市場拡大には不可欠」

で、特に、
「”リクルートカットなら理容店”というイメージを定着させて、
 理容業界に新しい世代の顧客を取り込む」

と、教えてくれました


しかし
何も大学の先生に教えてもらったという理由だけで、
「就活ヘアー」のPRを行おうとしているのではありません


もともと理容組合の全国組織である全理連では一昨年の秋に、
組合員店への集客を図るために、「就活ヘアー」を通じて営業支援対策を行いました。


(実際にはあまり浸透しませんでしたが。。。)

わたしはその時に、当ブログで、
「自分がやりたい仕事に就くことができるように、 
 自分のいきたい企業に就職できるように、 
 大変でしょうが、就活頑張って欲しいと思います。
 「カットハウス897(YAGUCHI)」でも、「就活ヘアー」でお客様の就職活動を応援しますよ~。」

と書きました。

 *「就活ヘア」 
   http://897-yaguchi.at.webry.info/201111/article_25.html 
  
  (この時はヘアーって伸ばしてなかったんだなぁ。。。)

こんな不景気な時代に、大変な思いで就職活動をしている学生さんたちを、
少しでも手助けできればという思いがありました
 (・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん


確かに、昨年末の自民党政権復活及び安部内閣成立以来、
アベノミクスと言われる経済政策の期待から、
株価上昇や円高修正など徐々にその効果が見え始めています

しかし
バブル崩壊以降の長期的なデフレからの脱却はまだまだ実現が遠く、
大学生の就職活動は多少回復の兆しが見えているとは言っても、
依然と厳しい状況に置かれています


文部科学省と厚生労働省が共同で行なっている内定・就職状況に関する調査によれば、
平成24年3月に大学を卒業した学生の就職状況は93.6%で、
前年よりも改善していると言われていますが、
2008年のリーマンショック以前の水準には戻っておりません

しかも、両省が行った就職状況調査では就職希望者を母数としているので、
理系に多い進学者や就職をあきらめた人などは含まれないため就職率が高くなっているそうで、
学校基本調査によれば、大学を今春卒業した約56万人のうち、
進学も就職もしていない人が8万6000人(15、5%)もいるそうです


若い世代が就労する機会が減少してしまうことは、
これからの日本経済を左右する重大な問題となってしまいます


企業の成長力や競争力が低下してしまうだけでなく、
少子高齢化社会の原因ともなってしまい、社会保障の担い手も足りなくなって、
将来への不安感がさらに増大してしまいます

(わたしの老後も心配です Σ( ̄ロ ̄lll)


若者の危機は、未来の日本の危機なのです


そんな状況の中で、
「われわれ理容師は何ができるだろう?」
ということを考えた時、
「理容の技術や知識を通して学生の就職活動を応援し手助けすることで、
 より多くの若者たちが雇用機会を得ることができるようにすることこそが、
 われわれができる未来の日本のための社会貢献となるのではないか?」
と思います。


ちょっと大袈裟な表現かも知れませんが・・・

生まれ育った日本という国の明るい未来のために、
また、可愛い我が子が将来幸せに暮らすことができる世の中になるために、
一人でも多くの若者の容姿を整えることで、
人生のターニングポイントとなるべく就活戦線に臨む彼らの背中を、
しっかりと後押ししてあげたいと思っています



そして、それを行うことによって、
理容業界全体のイメージや評価のアップにつながっていき、
理容業界も活性化していくはずだとも思います。

正直、どちらかというと、理容師や理容業界のイメージはそれほど良いものではないでしょう?

(地味だとか、古臭いとか。。。)

だけど
刃物を使ってお客様に施術してる唯一無二のわれわれ理容師の価値は、
もっともっと高くても良いはずですし、
理容業界ももっともっと良いイメージを持ってもらっても良いはずです。

理容という仕事が好きで、理容という仕事に誇りを持って働いているからこそ、
多くの方に理容の良さを知ってもらいたいのです
 (*`・ω・´*) 


日本の未来のために、理容業界の未来のために、
理容店による「就活ヘアー」が多くの若者の就職に役立って欲しいと願っています
 (人'v`*)


そしてそのために、
わたしも微力ながら、この活動を頑張っていこうと思っています o(・д´・+)ゞ頑張リマッス♪


ただでさえ色々と忙しいのに、大変だけど・・・

やるしかないよなぁ (●`・ω・)ゞ大丈夫!






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック