就活ヘアの講習会

昨夜は組合の夜間講習会に参加しました。 
 
昨夜の講習内容は、全理連の営業支援メニューでもある、
「就活ヘア」でした。
 
 
就活ヘアのポイントは、何と言っても清潔感があり、爽やかでなければなりませんが、
ただ単に短くすれば良いというものではありません
何と言っても、面接官に好印象を与えるようなヘアースタイルでなければなりませよね。 


過度な刈上げや丸坊主などはかえって印象を悪くしてしまいますし、 
ダサい髪型は「仕事ができない人」と思われてしまうそうです

やはり男性ならば耳周りがすっきりとしたショートスタイルで、
ナチュラルでスタイリッシュなヘアースタイルが好まれるようです。


面接では第一印象がとても重要です 
 
ヘアースタイルそのものが採用の基準になることはなくても、
基本的な身だしなみができていなければ、第一印象は悪くなってしまいます。 
 
それに、きちんと髪の毛をカットして面接に臨んでいると言うことは、
その企業にとっては、真剣に入社を希望していると見られるそうです。 
 
今までのロン毛をカットして、茶髪を染め直すと言うことは、 
社会人としての道を歩みだそうとする学生の“決意の表れ”を示すのだそうです

つまり身だしなみというのは“個性”を表すものではなく、
“決意”を見てもらうための重要な要素になるのですね。

ですから、学生気分のままのヘアースタイルで就活に臨んでいると、
社会や企業に適応できない人だと思われてしまい、
採用基準に満たないとされてしまいます
。 
 
実は今時の学生さんはその意味を履き違えているので、 
ヘアースタイル一つとってみても認識が甘いそうです。 
 
確かに、今まで自由に好みのヘアースタイルができていたのに、
就活ヘアなんてダサくて嫌だと思うかもしれません

しかし社会に適応する上での最低限のルールやマナーを守ることは、
どんな業種にもあるはずですし、
個性や自由な主張は社会人としての実力やスキルを表すことができた上で
はじめて認められるものなので、
やっぱり就活ヘアはそれ相応のヘアースタイルであるべきのようですね。

こんなことを書き綴っていると、学生さんが良くないみたいに思われますが、
 
実は恥ずかしながら1番就活ヘアを履き違えているのは、 
われわれ理美容師なのだそうです


ヘアースタイリストとしてファッション産業の一端にいるわれわれは、
一般的な企業に勤めている方々とは、ヘアースタイルも身だしなみも大きく異なります。

わたしもパーマやヘアーカラーは入っているし、
けっしてスーツを着て通勤するのが似合うようなヘアースタイルではありません。 
さらに、若い年代のスタイリストさんたちは、
もっとオシャレで自由なヘアースタイルを楽しんでいますよね。
当然、それを格好良いと思っているのです。 
もちろんヘアースタイリストとしては、それで良いと思います。 

ですが・・・ 
その感性で就活中の学生さんにヘアースタイルを提案してみても、
一般の常識とのずれは埋まらないのだそうです

「この位の長さなら全然OKでしょう」
「この位の明るさのカラーは平気でしょう」
では、ダメなのです

われわれが創ったヘアースタイルが、就活において、
そして、そのお客様の人生において、
マイナスの要因となっては絶対にいけないことなのです
 
 
ですから、こうやって、就活のためのヘアースタイルそのものだけでなく、
就活についての常識を勉強することが、とても大事なんですよね。 
 
学生さんにとっては、
就活ヘアは就職活動のためのヘアースタイルではなくて、
就職戦線に勝ち残るための勝負ヘアなのですから。



昨夜の講習会はとても勉強になりました。 
 
当店にも就活中の学生さんや、これから数年後に就活を迎えるお客様もいるので、
その方たちに自信を持って、爽やかでスタイリッシュな好感度の高い就活ヘアを提供できるように、
そしてただ髪の毛をカットしてあげるだけではなく、
本当は、社会人の先輩として、身だしなみやマナーのアドバイスまでも
できるようにならないといけないですよね。 
 
 
就活する当店のお客様が、面接で好印象を与えることができるように、 
わたしも頑張らないとなぁ。 
 
 
画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック