高松宮記念の結果

改装工事中の中京競馬場の代替として、阪神競馬場で行われた2011年の高松宮記念。 
 
春の短距離王に輝いたのは3番人気の④キンシャサノキセキ 。 
好位から直線で鋭く抜け出して、2着に1 1/4馬身差の快勝で、 
見事にレース史上初となる連覇を果たしました。  
8歳馬ながら未だチャンピオンホースであり続けてるって言うのは、 
かなり凄いことですよねぇ。 
そしてU.リスポリ騎手の好騎乗も素晴らしかったですね。
さすがにイタリアの名手。 
そして、他のスポーツ界などでも、多くの外国人が放射能を怖がって、日本から離れている時に、  
こうして日本に残り続けてくれているだけでも、立派なことですよねぇ。 
M.デムーロやO.ペリエのように、これからも何度も来日して、活躍して欲しいですよねぇ。 
 
2着は4番人気⑧サンカルロ。 
出走馬中最速の上がり3F33、3で直線で猛然と追い込んできたものの、 
2着が精一杯。 
しかし、昨年のこのレースは4着、昨秋のスプリンターズSは3着と、 
一歩ずつ勝利に近づいてきてますので、秋にはそろそろGIに手が届くかも??? 
 
3着は人気薄、11番人気⑥アーバニティ。 
わたしはこの馬全くのノーマークでした。 
 
気になる配当は・・・ 
 
馬連  ④-⑧で2,370円。 
3連複 ④-⑥-⑧で33,730円。  
3連単 ④-⑧-⑥では129,290円。
 
3着が人気薄だったため、けっこうな高配当になってしまいました。 
 
なお、4位に入線した2番人気の⑬ダッシャーゴーゴーは3コーナーで急に内側に斜行し、 
1番人気の⑤ジョーカプチーノの進路を妨害したため、11着に降着となってしまいました
この馬、昨秋のスプリンターズSでも降着となっていますので、  
これでGIレースで2度目の進路妨害となってしまいました。 
 
わたしの本命◎が、対抗○に不利を受けていたんじゃあ、当然、馬券は当たりません。 
おかげで、春のGIシリーズの幸先を飾ることはできませんでした。 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック