ジャパンカップダートの結果

外国馬の参戦がなく、現役最強ダート馬のエスポワールシチーも不在で、 
やや盛り上がりに欠けてしまった感のある第11回 ジャパンカップダート(GI)。 
 
見事な逃げ切り勝ちで、2010年秋のダート王に輝いたのは1番人気の③トランセンド。   
さすがにGIだけあって、楽に逃げさせてはもらえませんでしたが、 
直線で⑧バーディバーディを振り切っての強い勝ち方で、 
前走みやこSに続く2連勝で、待望のGI初制覇を飾りました。 
さすがに”はまった時”は強い競馬をしますよね。 
 
2着には中団の後方から、上がり3F最速の36秒1で追い込んできた8番人気の⑭グロリアスノア。 
前走武蔵野Sの勝ち馬で、春にはドバイ遠征で4着になったほどの馬なのに、 
ちょっと評価が低すぎた感がありましたが、やっぱり力がありますねぇ。 
 
3着は11番人気の伏兵⑫アドマイヤスバル。 
しかしこの馬も今年に入ってGI3戦を含む5戦で2、3、4、5、3着と、 
安定感のある競馬で掲示板を外してなかったので、 
ちょっと人気が低すぎたような気もしますよねぇ。 
 
馬連③ー⑭は4,350円。 
3連複③-⑫-⑭は20,840円。 
3連単③-⑭-⑫は94,860円。
 
1番人気の馬が勝ったのに、けっこう高配当でしたね。 
 
私の予想は△ー▲ー△と、3頭とも注目していたのに、 
本命◎にした①シルクメビウスは直線で猛然と追い上げてきたものの、 
さすがに道中の位置取りが後方すぎたために5着が精一杯。 
残念ながら予想も馬券も外れてしまいました。 
 
だけど・・・ 
右回りで先行有利な阪神の1800mで行われるジャパンカップダートには、 
よっぽどのことでもない限り、今後も左回りが主流のアメリカの馬は来ないでしょうねぇ。 
ダートのレースには欧州の馬は来ないんですから、 
そうなると、当然、来年以降も外国の馬が来ないジャパンカップダートになってしまいますよねぇ。 
 
そんなレースじゃあ存在自体に意味がないので、元通り府中開催に戻すのか、 
ジャパンカップの称号を外して、ただ単に秋のダート王を決めるレースにすれば良い
のに。。。 

 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック