五月病対策には

世間一般ではG・Wの連休も終わって、そろそろ本格的に”お仕事モード”に切り替わっている頃だと思いますが、 
新入生や新社会人の方たちに気をつけてもらいたいのが「五月病」ですよね。 
 
「五月病」とは、正式な医療用語ではなく、また特に決まった定義や概念があるわけでも無いそうです。医学的には、「適応障害」や「軽度のうつ病」になるそうです。 
4月からの新生活で、激変した生活環境や人間関係の中で知らず知らずのうちに心身の疲れが蓄積され、それが、ストレスとなり、5月の連休明けに、疲れやすい、やる気がでない、イライラする、思考力低下、食欲不振などの精神的な症状が表れます。これが、「五月病」なのです。  
新しい環境で期待と緊張で張り詰めた期間を過ごした後に、長い連休を挟むことによって、身体的にも精神的にもバランスを崩しやすくなってしまうようですね。 
 
もともとは厳しい受験競争を勝ち抜き大学入学を果たした新入生が、その後目標を失って無気力に陥ることを指したものであったんだそうです。 
しかし、生活スタイルが多種多様となっている現代では、新入生や新社会人だけが5月にかかる病気ではなくなって、移動や転勤、転職、結婚などによる生活環境の変化でも同様の症状に陥ることがあるそうです。もはや”年中病”ですね
 
「五月病」にかかる人は性格的にまじめで几帳面で、完壁主義の人が多いのだそうです。 
(わたしみたいな人間は要注意ですねぇ) 
 
「五月病」は”心の風邪”ともいわれ必ず治る病気なのですが、長引くと”うつ病”に進行する場合もありますから要注意です。 
 
「五月病」対策にまず一番大切なことは、ストレスを一人で溜め込まないことです。 
そして、疲れたなと感じたら無理に頑張ろうとせずに、心身ともにゆっくりと休むことが大切です。
 
 
他にも、 
・会話をすることが大切です。1人で悩まず、愚痴をこぼすのも大事です。 
  誰かに話すと気分が晴れたり、心の整理ができます。 
・スポーツや趣味のことなどで、ストレス解消のための気分転換をしましょう。
・目標を達成してしまった人、または見失ってしまった人は「五月病」にかかりやすいと言われています。
  新たな目標 や関心をもつことで生活の活性化を心がけましょう。 
・規則正しい生活を心がけ、自分のリズムを崩さないようにしましょう。
・カルシウム不足はイライラの原因となるので、上手に摂取しましょう。
 
以上のようなことが対策として挙げられます。 
 
もちろん・・・ 
ゆっくりとリラックスするためにも、気分転換をするためにも、 
そして、愚痴をこぼしてスッキリとするためにも、 
”とこやさん”は最適なところだと思いますよぉ。。。 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック