シリコンは髪の毛に悪い?

一般のヘアケア剤やスタイリング剤には、髪の毛を保護する目的で、シリコ(-)ン剤が含まれています。 
ヘアケア商品の成分表を見て、ジメチコンとかシクロメチコンという名前が出てきたら、それがシリコン剤なのです
シリコンには、髪の毛の表面をおおって髪にツヤを与えたり、キューティクルの補修をしたり、静電気の発生を抑制する働きがあります。 
シリコンを使用したシャンプーやコンディショナーは、髪を洗う時に髪の毛の一本一本がコーティングされ、ツヤのある指通りのよい髪の毛になります。 
こんな風に言うと、髪の毛にとっても良いものだっていう気もしなくもないのですが。。。 
 
巷で人気のツヤツヤな美しい髪になるというシャンプー&コンディショナーには、 
(人気の女優さんが多く出ているあのCMの商品のことです) 
シリコンが多量に入っている為、使い続けるとパーマのかかりや、 カラーの入りが悪くなると美容業界では問題になってるのです。 
 
シリコンは吸着力が高く、なかなか落ちないという性質(髪の毛に吸着して手触りをよくするために、すすいでも残る様になっています)シャンプーで落としにくく、髪の毛に蓄積されていきます。 
残留したシリコンが蓄積した髪の毛は、パーマ液やカラー剤の浸透を妨げ、その効果が不十分になってしまいます。 
また、シリコンは頭皮につくと落ちにくく、毛穴をふさいでしまうので、フケやカユミの原因になることも。。。 
 
傷んだ髪の毛のキューティクルを保護するために、トリートメントにシリコンが入っているというのは理解できるのですが、何故?シャンプーにまでシリコンを使用しないといけないのでしょうか? 
それは、一般的に髪の毛のツヤツヤ感やサラサラ感を求める傾向が強くなり、シリコンを使用していないシャンプーは洗っている時に少し”きしむ”感じになると思われるようになってしまったため、その感触が嫌われるようになってしまったからです。 
髪の毛や頭皮の汚れを洗い流すのが正しいシャンプーの目的です。 
だけど、汚れを洗い流さなければならないはずの髪の毛がシリコンでコーティングされると、汚れを十分に落とすことが出来ませんよね。 
  
また、トリートメントについてもシリコンの影響は生じます。 
シリコンがたっぷり入ったトリートメントを使用すると、傷んだ髪の毛はシリコンのコーティング効果で一時的にはツヤのある指通りのよい髪の毛になります。 
ですが、本来トリートメントの目的は、ダメージして失われたタンパク質や間充物質などの栄養成分を補充して、髪の毛の状態を整えるということなので、髪の毛に残ったシリコンが髪の毛に栄養成分を浸透させることを妨げてしまうから、トリートメントで髪の毛を補修しても、髪の毛の外側の状態だけ良くなったように感じるだけで、結局、肝心の髪の毛の内部は傷んだままだという状態になるのです。 
ということは、トリートメントの効果が半減してしまう訳ですね。 
 
このようにシリコンの悪影響を書いてみましたが、わたしは別にシリコンそのものを否定している訳ではありません。当店でもシリコン入りのトリートメントやスタイリング剤を使用しています。 
ダメージした髪の毛をコーティングして、ダメージの進行や枝毛や切れ毛を防ぐため、また髪の毛の落ち着きやツヤのある手触り感を出すスタイリングには効果的な成分だと思います。 
髪の毛の状態や目的に合った製品を理解して、正しく使用することが大切なのです。 
シリコンそのものが悪いわけではなく、髪の毛に残留するシリコンが悪いのですから、シリコンをきちんと除去できれば良いんですから。。。 
 
 
シリコンを除去するためには、ノンシリコンのシャンプーで洗い流す。 
理美容サロンで髪の毛のクレンジングなどの施術を受けるなどといったケアが必要です。
 
  
シリコンを除去した髪の毛は、子供の頃のようなサラサラな髪の毛です。
洗っている時は少し”きしむ”感じもあるかも知れませんが、乾くとサラサラになり自然な状態の髪の毛、「素髪」になるのです。 
 
当店でも「ヘア クレンジング」で、髪の毛と頭皮のリセットをいたします。 
もちろんノンシリコンのシャンプーも取り扱っていますよ。。。


 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ルイヴィトン バッグ

    Excerpt: シリコンは髪の毛に悪い? と・こ・や・ぐ・ブログ/ウェブリブログ Weblog: ルイヴィトン バッグ racked: 2013-07-10 01:32